画家たちに愛される村・バルビゾンをツーリング(3)すてきな街並み

2016.04.25
Download PDF

天気の良い週末はバイクでフランスツーリングを楽しんでいます。今回は画家たちに愛される小さな村”Barbizon”最終編です。

 

バルビゾンとは

Wikipediaによると、『バルビゾン (Barbizon) はイル=ド=フランス地域圏セーヌ=エ=マルヌ県の村(コミューン)。フォンテヌブローの森に隣接している。19世紀にはジャン=フランソワ・ミレーに代表される風景画家たちが集まり、バルビゾン派と称された。このため、小さな村ではあるが世界中から観光客が訪れており、村は「画家たちの村バルビゾン(Barbizon Village de Peintres)」と名乗っている。』とあります。

 

画像でお楽しみください

そんな画家たちの村、バルビゾンの街並みをお楽しみください。

ツタが素敵です

鍵屋さんの昔の看板

2 - コピーアトリエです

街灯も素敵ですね

3素敵な傘

4水彩画。思わず買おうか真剣に悩みました。

お花が素敵です

オープンテラスでのんびりと

7こんな感じでツーリングを楽しんでいます♪

執筆 Miki

 
 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン