フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

【フランス留学準備5】指導承諾書を得るメールの書き方・件名編

2016.02.02.

 

Mail delivery前回、大学院の修士2年目以降の課程に入るためには、事務的な出願手続きの前に「指導承諾書」を得ることが必要だと書きました。

 

フランスの教授にツテのない方に

日本の大学の指導教授から、フランスの教授を紹介していただける方は、その機会を大いに利用しましょう! でも、ずっと日本の大学に所属していて、フランスの教授にツテなんてないよ!という方も多いと思います。

そこで今回はあくまで、「知り合いの教授なんていない」「紹介してくれそうな方も見当たらない」という場合について書きますね。

 

まずは教授を探す

まずは、指導をお願いしたい教授を見つける必要があります。

ステップ1. 論文や著書を読んで、あるいは学会発表を聞いて、自分の分野・研究のアプローチと近い教授を見つける。
ステップ2. その教授の個人webサイトや大学のサイトなどで情報を収集する。連絡先も載っているはずです!

どの教授にお願いしたいか、決まりましたね。

 

メールで直接交渉する

次のステップはずばり、直接交渉です! 以前は封書で連絡していたようですが、今は時代が変わりましたので、(よっぽど古風な先生が相手でない限り)メールでの連絡でOKです。

件名が大事!!

気にしない方も多いのですが、メールを書く際にかなり重要なのはタイトル(件名)です!! 大学の先生のもとには、毎日何百通というメールが届きます。すべてのメールを読む時間なんて到底ありません。

その中で、見知らぬ人(出願者のあなたのことです)からのメールに目を留めてもらうためには、タイトルで指導依頼メールであると知らせることが必須です!! 例えば、“Demande de direction en thèse (あなたの名前, l’Université ×× au Japon)”と書けば、日本の学生からの、博士課程での研究指導依頼のメールであることが分かります。

人気のある先生には指導依頼の連絡も殺到しますので、タイトルにあなたの名前と現在の所属を書くだけでも、「より具体的な情報」を相手に与えることができ、メールを開いてもらえる確率が高まります。

メールの中身についてはまた次回書きたいと思います!

momo

執筆 momo

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

フランスに持っていきたいコスメアイテム

フランスに必ず持って行きたいコスメアイテム3選!

Lioの「フランスを楽しもう!」 2017.08.04.
「好き」「嫌い」のフランス語

好き?嫌い?どっちでもいい?フランス語ではっきり伝える

SAWAの「C’est parti ! フランス語の世界へ」 2017.10.10.
skype sur la plage

オンラインレッスン活用術②目的に応じて講師を選び分ける 

Daisukeの「フランスどんなとこ?」 2017.07.02.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介