フランスの家事代行サービスとは?トラブルなく利用するポイント!

2021.03.18
Download PDF

散らかった子供部屋フランスでは家政婦さんや家事代行サービスの利用が日本より浸透しています。パン屋さんやスーパーの掲示板コーナーでも案内をよく見かけるのですが、どうしてフランス人は家事代行をお願いするのでしょうか?ここでは、実際に依頼してみた経験談を踏まえて、フランスの家事代行サービスについてレポートいたします。

 

フランスの家事代行サービス

サービス内容は掃除、洗濯、アイロンがけ、買い物の付き添い、調理補助などが一般的で、基本的な家事をアウトソーシングでお願いするかんじです。

子育て世代に限らず、家事が苦手な独身者や一人暮らしの高齢者のお世話を親族が依頼するケースも多いそうです

 

フランス人が家事代行をよく利用するのはなぜ?

仕事関係の女性からも「いい家政婦さん紹介するわよ。」と声をかけられたことがあります。そしてフランスに暮らすうちに、家政婦さんをお願いしている家庭が結構あることに気が付きました。

日本では学校で掃除時間があり、小さい頃から自分の使う場所は自分でという習慣がついていますよね。掃除や片付けは面倒ですが、やり終えると気分がすっきりする楽しさを私も知っています。

フランスの学校は日本のように掃除時間はなく、放課後に業者の人が掃除をしてくれますそういう環境もあり、フランス人はお掃除をアウトソーシングに依頼することに慣れているのかもしれません

 

トラブルなく家事代行を依頼するには?

スケジュール家事代行サービスは個人で契約する場合斡旋会社などの業者に頼んで派遣してもらう方法の2種類あります。それぞれの利点や、トラブルなく利用するポイントをお伝えします。

業者契約の利点

もし何か不満点があったらクレームをいれて家政婦さんの交代がしやすいことです。毎週1,2回定期的に頼みたい場合はいいと思います。担当の方がバカンスで休みでも代理の方で継続的にサービスがうけられます。

個人契約の利点

フレキシブルに対応可能なところです。報酬金額・依頼時間・回数などは相談して決められます。口コミや紹介でいい人が見つかれば、業者を通すよりコスパはいいでしょう。

大事なのは家政婦さんとの信頼関係

どちらにしても、トラブル予防のためにも自分に合う家政婦さんを見つけ、上手に信頼関係を築いていくことが大切です。信頼できない人だと余計な心配事が増えてしまいます。家政婦さんによって得意分野があるようなので、きちんとヒアリングすることをおすすめします。

 

実際に家政婦さんを頼んでわかったこと

過去に半年ほど、斡旋業者を利用して家政婦さんを依頼した時期があります。最初に業者の人と話し合いがあり、頼みたい代行内容と時間を決めました。そして毎週1回2時間、同じ時間に同じ人が来てくれることに。

私が依頼したのは基本のお掃除、おもちゃで散らかった子供部屋の片づけ、調理補助、子供の幼稚園のお迎えでした。

担当の家政婦さんは20代の女性で、テキパキと働いてくれて本当に助かりました。ベットメイキングがホテル並みに上手で毎回感心したものです。自分だけで掃除をしていた頃と比べると、散らかった子供部屋にもイライラすることが減り、気分的にも体力的にも余裕ができました。「家政婦さんはやはりありがたい!」と本当に感動しますよ。

家政婦さんによってやり方やレベルに差がある

しかし、フランスなので家政婦さんも定期的にバカンスに入ります。代理の方が交代で来てくれましたが、毎回お願いしたいことを説明する手間が出てきました。

代理の方の中には自分愛用の掃除グッズ持参というプロ意識の高い方もいれば、逆に掃除をしているふりの方も…。いろいろな方が来たことによって、家政婦さんのレベルもそれぞれ違うのだなとわかりました。

 

まとめ

実際に私も家事代行をお願いしてその便利さ、そして気持ちの余裕が持てることのありがたさを実感したものです。自分の時間を捻出するために合理的な方法だと思います。必要に応じで今後も上手に活用していきたいです。

執筆 YUKO

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン