ブリュッセル中央駅で爆弾テロ 容疑者は射殺 ベルギー

2017.06.21
Download PDF

21日(火)夜、ベルギーの首都ブリュッセルの中央駅(la gare centrale de Bruxelles)で、爆弾によるものとみられる小規模の爆発がありました。被害者は確認されていません。犯人は警備にあたっていた兵士によって、その場で射殺されています。

目撃者によると、犯人はベルト型の爆弾の様なものを装着していたといい、爆発の直前に「アラー・アクバル(Allahu ackbar、神は偉大なり)」と叫んでいたということです。しかし、検察当局は「容疑者の身元は判明していない」と発表するにとどまっています。

警察は「男は無力化され、状況は管理下にある」と発表し、23時には、ブリュッセル連邦検察局がテロ行為である可能性を示唆しました。現場はブリュッセルの有名な観光地、グランプラス(Grand place)からすぐそばで、事件後、周辺は一時パニックに陥りました。SNCB(ベルギー国鉄)は駅を封鎖しています。

19日(日)にはパリのシャンゼリゼ大通り(Avenue des Champs-Elysées)で車両によるテロが起きたばかりです。ヨーロッパではテロとみられる行為が多発していることから、滞在中、渡航予定のある方は充分に身の安全の確保に努めてください。

【外務省安全ホームページ】(外部サイトへとびます)
トップページ http://www.anzen.mofa.go.jp/
ラマダン月のテロについての注意喚起ページ http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C133.html
緊急時情報提供を受けられるシステム「たびレジ」ページ https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン