訓練飛行中の戦闘機が爆弾を誤って落下させる 現場の工場で2名負傷

2018.04.11
Download PDF

事故を起こしたDassault Mirage 2000の同型機 写真はウィキペディアより引用

10日(火)午後、フランス中北部(パリから南へおよそ100㎞)のロワレ(Loiret)県で、フランス空軍の戦闘機が訓練飛行中に、誤って爆弾を落下させる事故が発生しました。

ダッソ―ミラージュ2000(Dassault Mirage 2000)戦闘機が、ロワレ県のノジョン=シュル=ヴェルニッソン(Nogent-sur-Vernisson)上空を飛行中、誤って爆弾を地上の自動車工場に落下させました。落下現場となった工場では、2名の作業員が負傷し、一時従業員600人が避難する騒ぎとなりました。

さいわい、この爆弾はレプリカで爆発物は含まれていませんでしたが、最初に駆けつけた消防隊員が、爆弾がレプリカであることを知らされるまで、現場一帯は一時騒然となりました。

フランス空軍のスポークスマン、オリヴィエ・スロ(Olivier Celo)大佐は、今回の件は極めて稀なケースであると強調していますが、周辺の住民は不安を抱えたままです。

多くの従業員が精神的にショックを受けている為、本日自動車工場にカウンセラーが配置される予定です。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン