オリンピックの街「ローザンヌ」とオリンピック博物館をご紹介!

2016.08.19
Download PDF

2016年8月はリオのオリンピックで盛り上がりましたね。さて、オリンピックといえばスイスのローザンヌ(Lausanne)。今回は、国際オリンピック委員会CIO/Le Comité international olympique(英語表記:IOC)の本部がある、ローザンヌの街のご紹介です。

 

オリンピックの街ローザンヌ

リオオリンピックは、私もすっかり夢中で中継を見まくっていました。色々な種目がそれぞれ違うテレビ局で放送されていたので、リモコン片手に忙しかったです(笑)。

ローザンヌはもともとはフランスのパリにあったそうなのですが、第1次世界大戦で情勢が不安定になった折に、パリからローザンヌへと移転したのだそうです。

 

オリンピックミュージアム

リオオリンピック『オリンピックの街』の異名を持つこの街には、オリンピックをテーマとした博物館もあります。場所はローザンヌ郊外にあるウシー(Ouchy)という界隈で、この辺りはレマン湖沿いのプロムナードやおしゃれなカフェや高級ホテルなどがある、リゾート感も溢れるエリア。そんな中にオリンピックミュージアム(Le Musée Olympiqueはあります。

館内はオリンピックの展示でいっぱい

館内は、オリンピックの歴史、それぞれの国でのオープニングセレモニーやフィナーレのセレモニーのビデオ、当時着用した衣装・ユニフォームのディスプレイ、活躍した選手たちのインタビュービデオ、選手村についてなどなど、さまざまな角度から見たオリンピックが、多くの展示品とともに楽しめるように なっています。

今年はリオのオリンピックをテーマとした臨時展示も行われていました。(2016年9月25日まで)ただ見て回って終わり……ではなく、いろいろな体験・ゲームが楽しめるコーナーもありました。大人から子どもまで、それこそ1日中過ごせるミュージアムになっているので、ファミリーで訪れている人たちもいっぱい。

他にもパラリンピック、聖火リレーに用いられた歴代トーチたち、一番注目のメダルなども見ることができます。テレビで見ることしかないトーチやメダルを、初めてこのミュージアムでじっくり目の前にして観察した時は、「へえ、こういう形だったんだ、こんな大きいんだメダルって!」と、妙に感動したのを覚えています(笑)。(写真は1964年の東京オリンピック時のメダルです。)

そうなるともうすでに今から、2020年の東京オリンピックが楽しみになってきてしまいました♪

<Le Musée Olympique>
The Olympic Museum

1, quai d’Ouchy
1006 Lausanne
Switzerland
T : +41 21 621 65 11
HP: https://www.olympic.org/fr/musee


執筆 小島瑞生

 

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン