” Fougère ” フージェール散策 (1)

2017.04.26
Download PDF


フージェールの要塞城

今回はブルターニュ地方の小さな町、Fougère フージェールhttp://www.ot-fougeres.fr)に行ってきましたのでご報告です☆

フージェールは1000年(!)の歴史を持つ古ーーい町。ヨーロッパでも有数の広大な要塞城を持つことで知られています。

 

フージェールの駅から観光案内所まで

その昔、ブルターニュが1つの公国だった頃に「ブルターニュの玄関」と呼ばれ、国境警備の役割を果たしていたのだとか。フランス王国とは敵同士だったんですね〜。

そんな歴史の詰まったフージェールは、ブルターニュの中心都市レンヌ(Rennes)からバスで1時間10分ほど。

↓見えにくいですが「A」の場所です!(Google Mapより)

フランスの地図
見所はもちろん、町の代名詞でもあるお城!とはいえ、町中には教会や美術館、庭園などもあって、さらにショップやレストランもそれなりに豊富なので
時間の許す限りのんびり散策を楽しんでみては。ここではフージェール駅から中心街を通ってお城に向かうルートをご紹介します。

駅前でバスを降りると、まずは大きなショッピングモールが。写真ではわかりにくいけど、延々と見渡す限りお店が並んでいます。
フージェールのショッピングモール

 

お、トイレ発見!!無料のトイレは無いとこには全然無いので、見つけた時に入っておくのがgood。
フージェールの無料トイレ

 

妙に凝った公衆トイレだと思ったら、メディアセンター(図書館みたいな感じ)のトイレでした。 ちなみにラ・クレリエール・メディアテック(La Clairière Médiathèque)というそうです。
メディアセンター

お~ お店がずらっと並んでなかなか栄えてる様子。
フージェールの商店街

 

わぁ、壁一面のだまし絵(Fresques Trompe-l’oeil)

だまし絵

 

アリスティッド・ブリアン広場(Place A. Briand)にやってきました。

アリスティッド・ブリアン広場

 

すぐ横には、裁判所とかつてのブルターニュの英雄の銅像も。裁判所の建物は、昔はこの英雄さんの家だったそうです。

裁判所

 

さらに進むと劇場広場(Place du Théâtre)に到着。中央の白い建物がヴィクトル・ユーゴ劇場、(見えにくいですが)劇場の左隣は観光案内所です。なんと日本語の観光案内パンフが用意されてました!!ありがたや。。

劇場広場

 

あとがき

地図を手に入れてほっと一息。まずは駅から観光案内所までの道をご紹介でした。続きをお楽しみに♪
執筆 マリー
Marie

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン