フランス語を身につけるとこんないいことがある!《2》

2019.01.16
Download PDF

思考

「フランス語を身につけるとこんないいことがある!」今回は第二回です。前回はフランス語を身につけることで「人生の自由度が上がる」という話をしました。今回は「思考のスピード」と「フランス人の友だち」について語ります。

 

思考のスピードが上がる!

シンプルな例文を用いて日本語とフランス語の音の数を比較してみましょう。

わたしのおともだち        : 9音
C’est mes amis. → セメザミ : 4音

例えば私たちが1音の言葉を考えるのに1秒かかるとしましょう。そうすると日本語で「私のお友だち」と考えるのに9秒かかることになりますね。ところがフランス語で考えると4秒で済むことになります。つまり、「同じことを考えるのに日本語よりフランス語で考えた方が速い」ということになります

もちろん、単語によっては日本語の方が短い場合もあります。でも全体的にはフランス語のフレーズの方が日本語より短いように感じます。それは日本語では回りくどい表現を多用して、本質をオブラートに包んでしまう文化があることも理由のひとつかもしれません。いずれにしても、同じテーマについて議論した場合はフランス語の方が結論に辿りつくのが早いと感じます。

フランス語を習い始めた頃は、この特性のおかげで「フランス語会話のスピードについていけない」などのフラストレーションを感じることがありましたが、慣れた今となっては以前より速いスピードで物事を考えられるようになりました

 

フランス人の友だち

友達
外国人の友だちができて、その友だちの言語で会話するというのはとても興味深い体験です。どれだけフランス語が上達しようとも、私は日本人ですから考え方が一般的なフランス人と違って理解しにくかったり、言語スキルの問題で特殊な話題についていけなかったりする場面が出てきます。そういうことがあっても私と友だちでいようとしてくれるフランス人は、本当に私という人間に興味を持ってくれていたり、私が困っている時に助けてくれようとする心根の優しい人が多いと感じます。

言語や文化のハンディキャップを乗り越えて築かれる友情は、簡単に築ける友情とは一味違いより心を満たしてくれる関係が多いように感じるのです。

次回はシリーズ「フランス語を身につけるとこんないいことがある!」最終回です。「フランス語が話せること」「日本語ネイティブであること」の世界での価値について語ります。お楽しみに!

執筆:マナミ

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン