パリジェンヌに学ぶスタイル美人のコツ!縦長シルエットの作り方は?

2016.11.19
Download PDF

フランス人女性はすらっとしたモデル体型の方が多いというイメージがありませんか?フランス人女性はそれに加えてさらにファッションでも着やせ効果が高い「縦長シルエット」を意識している方が多いようです。今回は縦長シルエットについてお話ししましょう!

 

縦長シルエットって?

フランス人女性はもともと美しい体型に恵まれているかと思いますが、着やせ効果が一番高いとされる縦に長く見えるシルエットを意識される方もいます。

日本の雑誌でも「痩せた?」と聞かれるコーデ特集などで取り上げられていますが、パリジェンヌは実にこのシルエットの使い方が上手だと思います。またスタイル美人に見えるだけではなく、おしゃれに抜け感もプラスできるのもうれしいところです。

 

縦長シルエットに必要なアイテムは?

長めのジャケットよく使われているのが、ストール、長めのカーデやジャケット、ジレ(ベスト)、ポシェット、長いベルト付のバッグなど。いつものスタイルに、ストールをラフにかけ、巻かずに首からU字型にかけるのがポイントです。

裾が長いカーデやジャケットをさらっとはおれば、気になるおなか周りや下半身も上手にカバーできます。カーデは肩からかけるのも縦長にみえる秘訣です。

また、長いベルトが付いたショルダーバッグやチェーンバッグを、片方の肩にかけて一直線の縦長シルエットに。顔周りには長めの垂れるタイプのピアスやイヤリング。長いアイテムを1点取り入れることがコツのようです。

 

全部が長いと逆効果なので注意!

イヤリング「じゃあ長めのものを着ればいいのか~。」と上下全て長いアイテムにしないように気をつけてください。それでは全体的にだらんとして締まらないため、逆にスタイルが悪く見えてしまいます。あくまでも1点~2点ほど加えることが大切です。

縦長を意識するだけで、簡単にスタイルアップ効果が手に入ります。パリジェンヌのような美しいシルエットのおしゃれを目指してみましょう!

 

 haruna

執筆者:HARUNA

 

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン