夢見る「オペラ座のねずみたち」

2016.11.13
Download PDF

バレエ学校の生徒
早速ですが、Les petits rats de l’Opéra =「オペラ座の”ねずみ”たち」
これは、ある人たちの「愛称」なのですが、さて、それは誰のことでしょうか?

 

オペラ座の舞台を夢見て

オペラ座の天井

バレエが好きな方なら、聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、「オペラ座のねずみたち」とはオペラ座バレエ学校の生徒たちのことです。将来舞台で活躍することを夢見て毎日厳しい練習に励んでいる、バレエダンサーの小さなエリートたちですね。オペラ座の屋根裏にあるレッスン場で稽古する足音が、ねずみのそれに似ていることからこのような愛称が生まれました。

毎年約400人近くの応募生の中から、身体的適正をパスした将来性のある約20名の子供のみ入学が許されるという、狭き門を通ったまさに選ばれた子供たちなのです!身長、体重の基準が以下のように細かく設けられています。

 

FILLES GARÇONS
8 ans min. 1m32 – 22 kg
max. 1m35 – 25 kg
8 ans min. 1m34 – 25 kg
9 ans min. 1m35 – 25 kg
max. 1m38 – 27 kg
9 ans min. 1m38 – 28 kg
10 ans min. 1m38 – 27 kg
max. 1m42 – 29 kg
10 ans min. 1m40 – 31 kg
11 ans min. 1m42 – 29 kg
max. 1m50 – 34 kg
11 ans min. 1m45 – 37 kg
12 ans min. 1m50 – 34 kg
max. 1m55 – 40 kg
12 ans min. 1m50 – 40 kg
13 ans min. 1m53 – 38 kg
max. 1m60 – 43 kg
13 ans min. 1m55 – 45 kg

 

彼らは、幼い時期から踊りが好きというだけではなく、将来、プロとして踊って行くという認識を持たされ、いつか「舞台の真ん中でスポットライトを浴びて踊る」ことを夢見て、日々の厳しい訓練に耐えて育って行くのですね。

日本では、すでに十分なほど世界の一流バレエ団、ダンサーの舞台を見る機会に恵まれていると思いますが、パリのオペラ座(ガルニエ宮)で見る舞台はまた一味違います。バレエがお好きだという方、是非一度見に行く価値アリですよ!

 

あとがき

「私はバレエはあんまり・・・」という方も、オペラ座館内を見学することができますので、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。天井はかの有名な画家、マルク・シャガールによるもので、色彩豊かでとても素晴らしい彼の絵を眺めることができます。

パリのオペラ座見学、是非お勧めです★

執筆 Miki

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン