パリジェンヌに学ぶ!最愛ライダースジャケットの着こなし方と選び方

2017.03.14
Download PDF

ライダースジャケットにピンクの服

前回はパリジェンヌ流のVネックニットの着こなし方についてお話しました。
今回はパリスタイルに辛口スパイスを添える「ライダースジャケット」について語ります。

 

パリジェンヌをクールに演出する存在

ライダースジャケットを着て座っている女性

パリジェンヌが愛するアウターのひとつにライダースジャケットがあります。フランスではBlouson biker(ブルゾン バイカー )と呼ばれ、パリモードを彷彿させるブランドショップではたいてい見かけます。定番のデザインは襟元がダブルになったハードなタイプで、それが彼女たちの着こなしを一際クールに演出するのです。

また柔らかいレザーは着込むほど体に馴染み、愛着のある1枚となっていくのが特徴。イメージ的には秋冬のアイテムですが、春になっても1日の温度差が激しいパリでは大変重宝します。ライダースジャケットは決してリーズナブルなアイテムとはいえません。しかし、ひとつのアイテムを長く大切に着るパリジェンヌにとっては、長い目で見ると決して高くないのかもしれませんね。

 

 I(アイ)ラインシルエットを作るパリジェンヌ

ライダースジャケットを着た女性

ライダースジャケットは、体にフィットさせて着るもの。パリジェンヌもジャストサイズのものを素敵に着こなしていますよ。冬はシックな色のニットの上に羽織ってスキニーデニムを合わせ、スニーカーやショートブーツとコーデするのが一般的。オールブラックコーデはもちろん、足元だけに白やキャメルカラーを利かせてポイントを作ることも。また着こなし全体を見ると I(アイ)ラインシルエットですっきり、無駄な広がりがありません。上半身がコンパクトなら華奢に見えますし、脚長効果も狙えるのです。

日本人は「トップスがタイトなら、ボトムスでボリュームを出すとバランス良く決まる」というように、ライダースジャケットにフワッと広がるロングスカートを合わせたりします。また甘辛ミックスでスイートな雰囲気をプラスすることも。春ならパステルカラーのフレアスカートやプリーツスカートといったところでしょうか。

パリジェンヌ流の着こなしを真似たい場合は、第一に色のトーンを抑えることをおすすめします。もしフェミニンなコーデに仕上げたいなら、ダークカラーやプリント柄の膝丈ワンピースに羽織ると良いでしょう。これもパリらしいスタイルのひとつですよ。また足元にタイツと少しヒールのあるショートブーツをセレクトするとバランスよく着こなせます。いつもはエレガントを好むパリジェンヌですが、ライダースコーデでは基本的に「クール」を貫いているよう。これが彼女たちの着こなし方なのですね。

 

パリジェンヌがお手本!ライダースジャケットの選び方

彼女たちが選ぶ服のサイズはいつもジャストサイズが基本です。しかし、私たちが思うちょうど良いとは異なり、ワンサイズ下なのです。理由は、シルエットの美しさが際立つということもありますが、自分自身をきれいに見せることができるから。ハードなライダースジャケットをただクールに着ているのではなく、こだわりを持って選んでいるのです。

ライダースジャケットを購入する際は、いつものサイズとワンサイズ下2点を試着してみてください。 少し窮屈だと思うくらいがベストです。レザーは着ていると伸びてくるということを頭に入れておいてくださいね。また袖丈が自分に合うものを選ぶことも大切です。長いからと折り返したりすると、パリジェンヌなおしゃれが半減してしまいますよ。

またライダースジャケットに憧れるけれど、着こなせるかどうかわからないから…と購入をためらっているのであれば、フェイクレザータイプからはじめてみるのもおすすめです。今はクオリティの高いものが、比較的リーズナブルな価格で揃います。

 

マイベストライダースを見つけよう!

辛口アイテムをダークカラーで統一させる着こなしは、凛とした横顔のパリジェンヌにピッタリ。私たちも長く愛用できるマイベストライダースを見つけて、パリらしさの光るファッションを楽しみたいですね。次回はパリスタイルに近づくためのバッグ選びと、それを使ったスタイルアップ法についてお話します。

執筆 KUMICO
photo:kumiko

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン