中世にタイムトリップ!? 映画撮影にもよく使われる街 Locronan のご紹介☆

2018.11.17
Download PDF

PICT_20170823_140549[1]

フランスの中世の街並みが残る街「ロクロナン」

ブルターニュ滞在中に、フィニステール=スュッドゥ(Finistère-Sud)にある映画撮影にもよく使われる、中世そのままの街、ロクロナン(Locronan)に行ってきましたので、ご紹介します。

地図で場所を確認

Locronan

Google mapより引用

ブルターニュの先端、フィニステール県の三股に分かれている南側、フィニステール=スュッドゥの付け根の部分にあります。

中世の街並みがそのまま残っていて、フランスの最も美しい村の一つにも登録されています。

花崗岩で作られた家が状態よく保存されています

人口は800人にも満たない小さな街ですが、多くの観光客でにぎわっています。

街の中心の広場

どこを見渡しても近代的な建物は一切ありません。古い花崗岩で作られた重厚な建物が並んでいます。

バーの看板。Tiというのはブルトン語で「家」という意味です。

ブルターニュ地方の街はどこもきれいに花で飾られていて、それを見るだけでも心が安らぎます。

道路標識がなければ、中世そのもの

 

実はこの日、食中毒で高熱を出してしまったのですが、小さな街なので、ゆっくりと休憩をはさみながらでも充分観光することができました。中心の広場にはたくさんのバーやレストランがあるため、子供連れでも安心してみて回ることができます。

ゆっくり時間が流れている町はずれの高台

時代を感じさせる町はずれのお墓

PICT_20170823_140003[1]

展望スポットから

展望スポットとよばれるところは、それほど見晴らしは良くなかったのですが、近代的な建物が見えないので、映画の世界に迷い込んだような気分になりました。

街の中心にある教会

皆さんもブルターニュ地方を訪れることがあれば是非訪れてみてくださいね。

行き方は、SNCFのカンペール(QUIMPER)駅からバスでおよそ35分です。
ロクロナンの観光案内書のHPは→こちら←

それでは、また。Kenavo!(ブルトン語で au revoir ! )

 執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン