フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

【フランス料理レシピ】煮込み料理オッソブッコを簡単においしく調理

2015.01.20.

本日は煮込み料理、簡単!オッソブッコをご紹介します!煮込み料理と聞くと、なんだか難しそうなイメージですよね。しかし、こちらの料理は切って焼いて放置でOK!本当にとても簡単にできちゃうんですよ。

 

簡単でおいしい煮込み料理を作ろう

煮込み料理も各家庭で色々レシピが違いますが、簡単料理しか作れない私流に”簡単アレンジ”にしてみました(*^。^*)本来オッソブッコはフランスでJarret de veauという小牛のすね肉を使いますが日本でしたら牛のテールでもイケると思います。

 ~用意する材料~
・肉の塊 人数分(小牛でも牛でもテール部位や骨のある場所で両手に乗るくらい大きなお肉の塊が良いです。大喰らいの我が家では2人分ですが・・・)

◆トマトソース用◆
・にんにく 2かけ位
・オニオン 1こ
・にんじん 小さ目1本
・パプリカ 半分
・ちょっとセロリ
・トマト缶 大き目のサイズ
・赤ワイン じゃばーっとかける

 

 ~作り方~
① まずお肉に塩コショウを振り、小麦粉ではたきます。
② ちょっと油を引いて(バターでも可)大きなお鍋でささっとお肉の表面を焼きます。
③ お肉を取り出し、同じお鍋で(洗わずに)油とにんにくを入れ、香りがでたら刻んだオニオン、人参、パプリカの順で入れて炒めて下さい
④ お野菜がくたっとしたらお肉をどーんと入れて、トマト缶と赤ワインも入れて下さい。
⑤ 圧力釜か蓋が重たいココットで煮込みます。なければ蓋をしてぐつぐつ・・・
⑥ これだけでも十分美味しいですが、濃厚ソースで頂きたい方は

 ④でしょうゆ、ケチャップ、バルサミコ酢、ブイヨンを入れるとこってり味になります。(なんちゃってデミグラスソースみたいになります)ソースが良い感じになればおしまいです☆

 

オッソブッコのおすすめポイント

鍋煮込んでお肉も柔らかですよ。お肉は塊でなくても、色々なお肉で作ってみても大丈夫です。トマトソース系の煮込み料理になります^^私のヘビロテ(日本ではヘビーローテーションって言うんですよね☆)レシピです♪とても本格的な味に仕上がりそうなのに、行程はたった6つ!ぜひ作ってみてくださいね!

執筆 Yasko

 

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

L'aéropage

Zoom sur Mars

Claireの「フランス日記」 2016.03.29.
Little cute baby sleeping

” Dormir sur le dos/ventre ” どういう意味?

生活の中のフランス語 2014.04.18.
無題

【2016年版フランス学生ビザ②】 CAMPUS FRANCE登録編

Emiの「フランス生活記」 2016.09.17.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介