ノルマンディー紀行〜 Granville〜

2017.03.28
Download PDF

ノルマンディーの海岸

数年前に旅行した、フランス北西部のノルマンディー Normandie 地方。ノルマンディーといってもすご〜く広いので、訪れたのはほんの一部ですが、そのときの思い出を写真と一緒にご紹介します。

 

ノルマンディーの港町Granville

まずは1日目の土曜日。Granville(グランヴィル)という港町へ。細長い半島に位置しているのですが、その半島が海から高いところにある、つまり崖半島なのです。海岸から町を見ると、崖の上にそびえ立つ家々に見下ろされている感じがします。きっと、家からの海の眺めは最高でしょうね〜!

クレープ屋さんでランチ

Granvilleではまず、腹ごしらえに近くのクレープ屋さんに立ち寄りました。この日は主人の親友レミRémi(男)も一緒だったのですが、新しいものに挑戦するのが大好きなレミちゃん。アメリカ人観光客向け(?)「ハンバーグ入りクレープ(ケチャップソース)」を注文しました!うーん正直言って、不味そうでした(・・苦笑)。

そしてまだまだ挑戦を止めないレミちゃん、デザートには「煮りんご入りクレープ、カルバドスフランベ」をチョイス。カルバドス Calvados というのはノルマンディー地方名産のりんごの蒸留酒で、ラム酒に負けず劣らずのアルコール度数(軽く40度)なのです!!それをフランベしたものをクレープの上に回しかけてできあがり!味見させてもらいましたが、一口で酔いそうでした。レミちゃんは嬉しそうです。

煮りんご入りクレープ、カルバドスフランベ

クリスチャン・ディオールの出身地

ランチの後は、フランスを代表するデザイナー、かの有名な Christian Dior(クリスチャン・ディオール)の生家を見学に行きました。20世紀初頭のデザインを思わせる可愛い一軒家の周りには、花で彩られた広大なお庭、そして庭を出ると視界に大西洋の眺めが飛び込んで来ます!ディオールさん、裕福な家庭の生まれだったんですね〜。

Christian Diorの生家/看板

Christian Diorの生家

 

あとがき

お庭の中には所々にディオールの香水の名前が書いてあるオブジェ?が置いてあり、上についている蓋を開けるとその香水の匂いを楽しめる、という仕掛けになっていました。いい香りのものがたくさんありますよね〜。「J’adore」とか!

ノルマンディー紀行は2日目へと続きます。

執筆  Miwa

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン