ヨーロッパとアラブ圏を橋渡し…パリ「アラブ世界研究所」

2016.07.27
Download PDF

 

無題 (14)

自己紹介でも書きましたが、私はモロッコを旅して以来アラブ諸国にも興味を持っています。そこで今回はパリにある「アラブ世界研究所」を紹介します。

 

幾何学模様の窓が素敵な「アラブ世界研究所」

無題 (13)

セーヌ川沿いにあるINSTITUT DU MONDE ARAB (アラビア語表記:معهد العالم العربي)は、フランス人の建築家ジャン・ヌーベルによる設計。幾何学模様の窓が素敵です。光を重視した設計になっていて、太陽の出ている日には窓からの光が館内に反映します。コーランの光を賛美する節「Lumière sur lumière…」からの発想だそうです。

ヨーロッパと影響を与え合ってきたアラブ

アラブ圏とヨーロッパは隣接しているため、かねてから相互に影響してきたんでしょうね。地図で見るとよく分かります。

 

工芸品や民族品を展示

常設展ではアラブ諸国の工芸品、民族品などが展示されています。考古学に興味がある方にもおすすめです。アラブでは8世紀から15世紀に数学や天文学が発展し、科学に大きな貢献をもたらしたんですよ。

私は工芸品に興味があるので、セラミック、タピスリー、民族衣装に見入ってしまいます。生活の隅々に美が行き届いています。

14世紀の刺繍の一部が展示してありましたが、現在見られるものと同じで、伝統が守られているんだな~と驚きました。

ヨーロッパとアラブ圏の橋渡しとなっているこの施設にも、ぜひ寄ってみてくださいね。次回は特別展のレポートをお届けします。

 

INSTITUDE DE MONDE ARABE の詳細

1 Rue des Fossés Saint-Bernard 75005 Paris

HPはこちら⇒http://www.imarabe.org/

 

P5220473

執筆 Saori

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン