新型コロナウイルス:世界、フランスの状況最新まとめ

2020.02.19
Download PDF

新型コロナウイルスの感染が現在も広がっています。2日19日(水)の報道で、これまでに中国を中心に世界中で約7万5000人が感染し、2000人を超える死者が出ていることが明らかになりました。

 

新型コロナウイルス 最新まとめ ※2020年2月19日12時現在

・全世界で合計およそ7万5000人が新型コロナウイルスに感染、その内中国国内で報告されていのは7万4185件です。直近の24時間で新たに1749件の感染例が報告されました。

・中国国外では、30か国で合計1000人以上の感染者が出ています。

・感染による死者の数は、中国で新たに136名の死亡が確認され、中国国内だけで2004人に上っています。

・フランスではこれまでに12人の感染が確認されています。その内4人は入院後に回復、7人は未だ入院中、80歳の中国人男性1名が亡くなりました。

・感染が拡大しているクルーズ客船「ダイヤモンドプリンセス」で感染が確認されたのは、乗員乗客併せて3711人の内、542人です。本日から高齢者を中心とした乗客の下船が始まっています。

 

中国の対応

中国当局は、感染拡大を予防する措置が一定の効果を出しているとしていますが、最初に感染が確認された湖北省では依然厳戒態勢を敷いており、住人5600万人は1月23日以降、他の世界から隔離されています。中国当局は住民の外出を制限し、食料や医薬品を配給する措置を取っています。

17日(月)、コロナウイルス対策のため、中国人民解放軍の保健衛生の専門家1200人が新たに現地に到着しました。

 

コロナウイルスについて

東京都感染症情報センターの情報、2020.02.18発表の厚生労働省の情報に基づきます。

ウイルスの発祥地

現在も調査中ですが、中国湖北省武漢の市場で多数の感染が報告されているため、野生動物が原因と考えられています。

感染の症状

風邪や肺炎の症状に似て、熱や咳が出るなどの呼吸器症状が報告されています。

感染経路

人間から人間への感染が確認されています。現時点では感染者との濃厚接触による飛沫感染、ウィルスが付着したものに触れることによる接触感染が考えられています。

感染に対する予防方法は

現時点で予防接種はなく、一般的な対策として石鹸やアルコール消毒液などによる手洗いが推奨されています。

咳などの症状がある場合は、手で口を覆うとその手で触った手すりやドアノブなどにウィルスが付着し、そこを介して接触感染する恐れがあるため、マスクやティッシュ、ハンカチ、肘の内側などで口を覆う咳エチケットを行うよう推奨されています。

また、持病がある場合は、上記に加えて人混みを避けるなどの注意が必要です。

マスク着用は、乗り物や室内など換気が不十分で混み合ったな場所では、一つの感染予防策と考えられていますが、屋外などでは、相当混み合っている状態を除き、マスクを着用する予防効果は認められていない、と発表されています。

ウイルスに効く薬はあるか

現時点では有効な抗ウィルス薬などの治療法はなく、対症療法が行われています。

・厚生労働省の新型コロナウィルスに関するQ&Aのページは→こちら←
・東京都感染症情報センターの新型コロナウィルスに関するページは→こちら←

執筆・Shunsuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン