フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

テロ事件への思いの歌…印象に残った曲を紹介

2016.02.01.

en61-1

今年もあっという間にひと月が過ぎようとしています。振り返ってみると、去年の1月に起きたテロ事件から一年。フランスの空には、いつも何かしら幾ばくかの悲しみが漂っていたように思います。

 

やり場のない思いを音楽で表現

どうしようもない思いが胸に渦巻く時、人はそれぞれのやり方でその思いに形を与え、外に出そうとするものです。パリのレピュブリック広場やテロの起きた現場に、多くの人が花束だけでなく絵や言葉、詩などを手向けたのもその表れのひとつでしょう。

やり場のない思いを音楽で表現した人も多くいました。動画サイトで「chansons en hommage aux victimes des attentats de Paris」と打てば、まったく無名の少年からプロのアーティストまで、テロ犠牲者への追悼の思いを表した歌がたくさんヒットします。

Music sheet

 

ジョニー・アリディ「Un dimanche de janvier」

1月10日(日)にパリのレピュブリック広場で催された追悼行事で、フランスを代表する歌手の一人Johnny Hallyday(ジョニー・アリディ)が「Un dimanche de janvier(一月の或る日曜日)」を歌ったのも、記憶に新しいところでしょう(その時の様子はこちらのサイトの動画で見られます)。

 

ルアンヌ「Un automne à Paris」

数多くあるこれらの追悼曲の中で、平易でありながら美しい言葉で書かれていて印象に残ったのが「Un automne à Paris(或るパリの秋)」です。作曲はトランペット奏者Ibrahim Maalouf(イブライム・マールーフ)。歌うのはLouane(ルアンヌ)です(こちらのサイトから音源、歌詞を確認することが出来ます)。

詩を書いたのは、イブライムの叔父にあたる作家Amin Maalouf(アミン・マールーフ)。アカデミー・フランセーズのメンバーでもあります。なるほど、詩が良いはずです…。

表現力に優れた歌手

ルアンヌは、最近の映画『La Famille Bélier(邦題:エール!)』(2014)で主役を演じセザール賞を受賞しました。まだ19歳の若さながら歌の表現力に優れていて、先が楽しみな歌手のひとりです。『エール!』の終盤で、ルアンヌの歌う「Je vole」に涙した人も多いことでしょう。まだご覧になってない方、お薦めです。

フランス語を学習中の方は、ぜひ一度読んで(聞いて)みてください。

執筆:ゆき
執筆 ゆき

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介