アヴィニョンへの行き方は?世界遺産サン・ベネゼ橋が見える公園も!

2014.07.08

2今回はプロヴァンス地方の北の中心都市、アヴィニョンをご紹介します。フランス民謡の「アヴィニョンの橋の上で(Sur le pont d’Avignon)という歌で世界的に知られている街です。小さな街ですが数多くの史跡や世界遺産サン・ベネゼ橋もある見どころ満載の町なんですよ!

 

アヴィニョンへの行き方と所要時間は?

アヴィニョンは全長4.3kmの城壁に囲まれた町です。パリ・リヨン駅からTGVで約2時間40分ほどで行けるアヴィニョンは、アヴィニョン・サントル駅を出るとすぐに城門が見えます。このレピュブリック門を抜けると、メインストリートのレピュブリック通り(Rue de la République)があり、そのまま進んでいくと、時計台のある市庁舎と劇場がある時計台広場(Place de l’horloge)に出ます。

さらに歩いていくと、アヴィニョンを代表する歴史的建造物、教皇宮殿(Palais des Papes)にたどり着くことができます。

 

法王庁宮殿

11334年~1352年にかけて、二人の法王によって建てられた、ヨーロッパ最大のゴシック宮殿です。塀の高さは50m、壁の厚さは4m、面積は1万5000㎡あり、とにかく大きいです。

 

街のシンボル世界遺産サン・ベネゼ橋

2途中で切れた橋で有名ですね!!12世紀の完成当時は、向こう岸まで続く全長900mの橋でしたが、度重なるローヌ河の氾濫により18のアーチが流され、現在は川の途中で切れたままの4つのアーチとサンニコラ礼拝堂を残すのみとなっています。

3川の途中まで渡ることができるので、見学してみるのもいいですね。

サン・ベネゼ橋の入場時間と料金

● 入場時間

・11月2日~2月28日  9:30~17:45

・3月         9:00~18:30

・4月1日~6月30日、9月1日~11月1日   9:00~19:00

・7月         9:00~20:00(7月14日は9:00~18:30)

・8月         9:00~20:30

● 料金 5€

サン・ベネゼ橋全体を見てみたい!というかたは・・・法王庁宮殿の坂道を上がっていくとある、ロシェ・デ・ドン公園に行ってみることをお勧めします。池の噴水が涼しげで、緑いっぱいの公園で癒されます。

 

ロシェ・デ・ドン公園

4池のそばにはカフェテラスもあるので、一休みするにはぴったりの場所です。

ロシェ・デ・ドン公園から見たサン・ベネゼ橋

5対岸にヴィルヌーヴ・レザヴィニョンの町を望むことができますし、橋が途中で切れているのがよくわかりますね。

6こちらは城壁の外側です。中から見ても、外から見ても歴史を感じますね。

次回の記事、「アヴィニョン中央市場の見どころとおすすめホテルをご紹介!」に続きます。

 

9
執筆 ふう

 

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン