フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

秋のロワール古城巡り《 アンボワーズ城 》

2014.01.19.

アンボワーズ城

古城巡りもいよいよ終盤。最後はこちらのお城をご紹介します!

 

アンボワーズ城(Château Royal d’Amboise)

先日ご紹介したクロ・リュセ城から歩いて10分ほどの場所にあるアンボワーズ城。15〜16世紀頃、フランスの王族の住居として使われていたこのお城は、レオナルド・ダ・ヴィンチのお墓がある場所としても知られています。

 

よく手入れされた広い庭園に、立派な装飾が施された建築物。いかにもお城!という感じのお城でした(笑)。

広い庭園

 

ここが王族の住居として使われていた建物。一時期は220もの部屋があったそうですが、フランス革命後に大部分が解体され、現存するのはほんの一部なんだとか。

王族の住居

 

よく見ると屋根の辺りには、かなり凝った装飾が施されているのがわかります。

凝った装飾の屋根

 

城内では、王族の人々の肖像画家具楽器などを見ることができました。

王族の肖像画や家具、楽器
王族の肖像画や家具、楽器

 

「会議の間」と呼ばれるこの広間は、祝宴などの宮廷行事に使われたそうです。

会議の間

 

庭園は、すべての植物がキレイに苅りそろえられている印象。

庭園

 

高台にあるので、可愛らしいアンボワーズの城下町を見渡せます。

アンボワーズの城下町

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの像が立てられている場所は、かつて、彼が最初に埋葬されていた教会があった位置なんだとか。

レオナルド・ダ・ヴィンチの像

 

今は場所を移されて、実際に彼のお墓があるのはこちらのサン・テュベール礼拝堂(Chapelle St-Hubert)の中。

サン・テュベール礼拝堂

 

残念ながら写真を撮り忘れましたが、ロワール川をはさんだ対岸から見るアンボワーズ城の全景も素敵なんですよ♡

 

あとがき

というわけで、長々と続いた今回のロワール古城巡りもこれにて終了です!もちろん、ロワール地方にはまだまだほかにもたくさんのお城があって、ツアーバスの運転手さんの話では、仕事とプライベートをあわせてなんと50以上のお城を訪れたことがあるとか…。わたしも、また来年の夏あたりに今回行けなかったお城を見て回る予定です。お城によってはハイシーズン限定の演出もあるみたいなので、リポートお楽しみに♡

【Infos】
アンボワーズ城(Château Royal d’Amboise)
アクセス:トゥール駅から電車で約20分+徒歩約30分、またはバスで約45分
入場料:10.2ユーロ(大人1名)※各種割引あり
開館時間:9:00~19:00(季節によって変動あり)
休館日:1/1、12/25
www.chateau-amboise.com/ja/

※トゥールの観光案内所から現地バスツアーあり(詳細は要確認)
www.tours-tourisme.fr/

※上記の情報は2013年11月時点のものです

 


執筆 マリー

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

9

南仏の美しい村 ” Bormes les Mimosas “《2》

Provence-Alpes-Cote D’Azur 2014.05.27.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介