フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

パリジアンのいない夏のパリ!地方のフランス人にも人気のパリ観光

2015.09.02.

ノートルダム寺院フランスの夏休みは7~8月の2ヶ月です。実際にヴァカンスに出るのは7月14日の革命記念日後から、聖母の被昇天の祭日8月15日までの間のようです。では、本来なら都市の人口が減る時期にルーヴル美術館やノートルダム寺院で列を作っているのは誰なのでしょう?

 

地方のフランス人にも人気のパリ観光

パリ一望7月終わりから8月前半が、最も都市の人口が減る時期であり、夏のパリにはパリジアンはほとんどいないのです。ご想像通り、外国人観光客が大多数ですが、実は地方に住むフランス人もかなりな数に上ります

2014年の統計では、ヴァカンスにパリに上った地方のフランス人は、1160万人もいたそうです。ちなみに同時期パリを訪れた外国人観光客は1350万人でした。

この夏、地方からパリを訪れたフランス人のインタヴューが、先日Le Parisien紙に載っていました。まとめると、パリの魅力はやっぱりその文化性。美術館にしても、展覧会にしても、モニュメントにしても、文化遺産、イヴェントがごまんとあり、お店も様々で、すべてが至近距離。地方から来ると、特にそれが何より素晴らしく見えます。

地方のフランス人も一度は行きたいパリ

船から見れば、橋の造作も手に取るように見える夏はすべてがスローで寛いだ雰囲気なのも、特に子連れには嬉しいところ。というのも、地方組は「子供に首都パリを見せるのが目的!」という家族連れが特に多いのです

他の季節ならちょっとできないかも?というような都心でのピクニックも夏は平気でできてしまいます。彼らのプログラムは、おおむね外国人観光客と同じで、エッフェル塔、ルーヴル美術館、バトームーシュ、ラ・ヴィレットの科学工業センター、ノートルダム寺院、パリ・プラージュ、などなど。

 

地方のフランス人から見たパリは?

ユーロただし、物価の高さには、誰もが驚いています。いくつかのモニュメントの入場料はもちろんのこと、スーパーの日用品ですら、「私の町より高いわ。」という声も上がっています。

もう一つの残念な点は、列を作って待つ時間が長いこと。「メトロの切符さえ並ばないと買えないなんて!」というのは多くの地方人の感想です。

外国人旅行者と異なるのは、宿泊場所。外国人はホテルに滞在するケースが大半ですが、地方から来たフランス人は半数近くが、知り合いや親戚の家に滞在しています。

パリのアパートの鍵を持ち、つかの間のパリジアンとなった彼らも、パリの人は冷たいと感じることが多いそうです。「誰も他人には目もくれやしない。」というのは、インタヴューされたノール(北)出身の女性。「でもその分、どんな服装でも外に出られるから楽ね。」と前向きな言葉が続きます。

どうでしょう、夏のパリを訪れたことのある方、皆さんの感想と重なるところはありますか?

執筆:ゆき

執筆:ゆき

 

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介