フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

フランスの大道芸フェスティバル!見どころをご紹介

2014.11.03.

今回はフランス各地の催し、ストリートパフォーマー・大道芸についてお話します。芸術的センスに溢れた彼らのパフォーマンスには圧巻です。機会があればぜひご覧になってくださいね。

 

芸術的なストリートパフォーマー

ストリートパフォーマーに多く見られるのが、彫刻に扮したり、その場で絵を描いたり、時には素晴らしい演奏に、その場から動けなくなることもあります。

スプレーアートでしょうか。素晴らしい芸術センスですよね。

演奏家のタスマニア出身だというトム・ワードもその一人。彼の演奏は、胸の真ん中にぐさりと入ってくる音色で、偶然通りかかった人々をt釘付けにしていたのが印象的でした。

多種多様なストリート・パフォーマンスは、趣味の延長で参加する人もいれば、それを生業としている人たちもいます。

 

日本でも公演 コンパニー・デ・キダム

コンパニー・デ・キダムCompagnie des Quidams は、ストリートパフォーマンスを行いながら、その発展を探ることを目的として1994年に創設されました。

彼らの守備範囲は、劇、サーカス、音楽、ダンスと広く、またパフォーマーの養成講座も開いています。本拠地はエトレ。リヨンの北東およそ80キロメートルに位置する、人口800人の小さな町です。

コンパニー・デ・キダムは、これまでに40カ国以上でパフォーマンスを行ってきており、日本でも2010年に六本木アートナイトに参加したことが知られています。

彼らが現在フランス各地で演じている新しい出し物は、”FierS à Cheval” (フィエール・ア・シュヴァル)。Youtube画像はこちらから。

キダムのパフォーマンス

先日、このパフォーマンスを目にする機会がありました。暮れかかる町を、真っ白なコスチュームに身を包んだ人たちが、音楽に合わせて練り歩きます

それだけでも十分幻想的な雰囲気が盛り上がりますが、更に、途中で、高さ3.5メートルを越える白馬へと”孵化”するのです。馬の内部から明かりが灯り、音楽も馬のいななきや蹄の音まじりのものに変わります。

最後は馬の円舞で終わるのですが、終始、大変オリジナリティに溢れたものでした。今後のフランス内外での上演予定は、ここでチェックできます。公演をご覧になった方は、きっとストリートパフォーマンスの可能性の大きさを、実感されたことでしょう。

 

yuki
執筆:ゆき

 

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

くしゃみの後、フランス人は何て言う?

生活の中のフランス語 2016.12.21.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 連載コラム