右派予備選挙 決選投票に先立つテレビ討論の結果は?!フランス大統領選挙2017速報

2016.11.25
Download PDF

来年5月のフランス大統領選挙を前に、右派共和党の第一候補を決める予備選挙(la primaire)の決選投票を11月27日に控え、アラン・ジュペ(Alain Juppé)氏とFrançois Fillon(フランソワ・フィヨン)候補が24日の夜、決選投票前最後のテレビ討論を約1時間40分にわたって行いました。

35時間法や景気回復、公務員の削減、治安問題など、フランス国民が関心を寄せる主要テーマについて各候補が自身の政策を述べ、両者とも声を荒げることなく終始落ち着いた様子で、充実した内容の討論会となったもようです。

終了直後より始まった視聴者アンケートでは、支持政党に関係なく57%の回答者がフィヨン氏をより説得力があるとみなし、「最も大統領に当選する確率が高い」「最も大統領の職務を担う資質がある」「最も正直な候補者」「現状を変える意欲がある」といったテーマ別の評価でも過半数を獲得し、当初から最有力候補とみられていたジュペ氏をリードする結果となっています。

与党社会党の支持率が急落している今、来年の大統領選挙では共和党候補と国民戦線(FN)のルペン氏が決選投票に進む見通しが強まっているだけに、27日の選挙結果にフランス全土が注目しています。

執筆:Miwa

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン