フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

秋のロワール古城巡り《 ヴィランドリー城 》

2013.12.27.

ヴィランドリー城

古城巡り第2弾は、ヴィランドリー城をご紹介します!美しい模様を描く立派なお庭が有名なお城です。お城自体は15世紀に完成したものだそうですが、庭園が今の状態になったのは19世紀。けっこう最近ですね。

 

ヴィランドリー城(Château de Villandry)

「愛の庭園」
うえの写真をよーーく見てみてください!手前の4つの正方形、すべて違う模様であることに気づきましたか?「愛の庭園」と呼ばれるこのエリア。それぞれ名前が付けられていて、左上から時計回りに

「L’amour tendre(優しい愛)」←ピンクのハートが可愛い!
「L’amour passionné(情熱の愛)」←あまりの情熱に壊れてしまったハートを表現。
「L’amour volage(移り気な愛)」←4隅の扇形が移り気な感情を象徴。
「L’amour tragique(悲劇的な愛)」←恋敵の果たし合いの剣と血がモチーフとか…。

す…すごい……。しっかりと明確なコンセプトがあったんですね。

 

また、「菜園」と呼ばれるエリアでは、9つの正方形の中に色の異なる野菜が交互に植えられているのだとか。わたしが訪れた11月には、鮮やかなオレンジ色のカボチャがどんより曇った天気の中でもキレイに映えていました。(不覚にも菜園全体の景観の写真を撮り忘れてしまいました…。)
「菜園」
他にも「水の庭園」「太陽の庭園」「迷路」「薬草の庭」など、まだまだ見所満載!この庭園は、入り口でもらえる日本語パンフをじっくり読みながら散策することをお勧めします。各エリアのコンセプトなどが書かれていて、さらに楽しめるはず。

ちなみに、この時期はオフシーズンでお庭のみの見学でしたが、城内にもかつての調度品などが展示されているそうです。せっかくなので、お城の外観だけでも!
ヴィランドリー城外観

 

時代的にイタリアのルネッサンスの影響を受けがちな中、ヴィランドリー城はシンプルな純フランス式。すっきりとした印象でした。春夏の花々が満開の頃にまた見に行ってみたいお城です。

 

あとがき

【Infos】
ヴィランドリー城(Château de Villandry)
アクセス:トゥール駅からバスで約30分(夏期のみ)
入場料:9.5ユーロ(大人1名・城内+庭園)/6.5ユーロ(大人1名・庭園のみ)※各種割引あり
開館時間:9:00~18:30(季節によって変動あり)
休館日:無し
www.chateauvillandry.fr/

※トゥールの観光案内所から現地バスツアーあり(詳細は要確認)
www.tours-tourisme.fr/

 

※上記の情報は2013年11月時点のものです

 

 

Marie
執筆 マリー

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

ryuugaku8

フランスの郵便物

暮らし 2017.01.24.

南仏の観光地 〜Hyèresイエール〜

Provence-Alpes-Cote D’Azur 2013.06.04.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介