世界一高い大聖堂で有名な ボーヴェ ” Beauvais “

2016.08.10
Download PDF

サン・ピエール大聖堂

今日はパリ郊外の見どころをご紹介いたします。

BEAUVAISというパリから車で2時間ほどの街に行ってきました。中世の時代には重要な都市だったボーヴェには立派なカテドラルがあるんです。Cathedrale St-Pierre サン・ピエール大聖堂はゴシック様式。48.5mの高さで世界で一番高い大聖堂だそうで、当時のボーベの勢力の象徴として建てられたそうです。

 

そびえ立つ荘厳なカテドラル

ゴシック様式とは12-15世紀にイル・ド・フランスや北部の都市部を中心に発展した様式で天井を非常に高くしたのが特徴です。小さな街中にそびえ立つ大聖堂はものすごい存在感!

こちらの大聖堂のもう一つの見どころは14世紀の大時計!こちらも最も古い現在も動いている大時計のうちの一つだそうです。とてもよくできていて、細部の装飾も美しいものでした。14世紀から動き続けているなんて驚いてしまいますね。
14世紀の大時計

 

街中には木組みの家を見かけました。これらの家は15世紀のものだそうですが、1940年のドイツの爆撃によりほとんどが壊されてしまったとのことです。

木組みの家

お昼は Jeanne Hachette ジャンヌ・アシェット広場で取りました。地方の広々とした広場にあるテラスでの食事は気持ちがいいです~。

ところでJeanne Hachette ジャンヌ・アシェットとは一人の女性の名前で、ジャンヌ・ダルクのように勇敢な女性だったそうです。というのも1472年にボーヴェが攻略されそうになったときに、この女性が大活躍したとのこと。この女性の像が広場にあり、その広場名が彼女の名前で、今もな彼女の伝説を伝えています。
ジャンヌ・アシェット
(写真:wikipediaより引用)

 

あとがき

テキスタイル(織物、布地)で知られていたボーヴェには、王立マニュファクチャーが1664年に建てられたためタペストリーの美術館もあるのですが、時間がなく今回は立ち寄れませんでした。

次回は、次に立ち寄った町をレポートいたします。お楽しみに!

 

Saori

執筆 Saori

 

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン