フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

オステンドの見どころ観光スポットは?夏のビーチイベントをご紹介!

2016.10.06.

前回はベルギーに到着して最初に行った東フランドル州・ゲントの町をご紹介しました。そしてベルギーの州や地域、公用語について簡単にご説明しましたね。今回はベルギー最大のリゾート地、夏のバカンスシーズンには大勢の海水浴客でにぎわうオステンドをご紹介します。
前回の記事⇒ゲントの人気観光スポット7つ!べルギーの首都や言語についても!

 

Ostende(オスタンド)への行き方や所要時間は?

フランス語でOstende(オスタンド)はベルギー北部の西フランドル州にある人口約7万人の港町です。ちなみに、オランダ語ではOostende(オステンド)、 ドイツ語でOstende(オストエンデ)、英語ではOstend(読み方はわかりません)といいます。

オステンドへの行き方はブリュッセル中央駅から1時間に1本あるIC(インターシティは日本でいう特急列車のようなもの)で約1時間20分。ブリュッセル中央駅からICを利用する場合は、ゲント、ブルージュ、オステンドの3つの駅に停車します。

ゲントからは約40分で1時間に1~2本。ブルージュからは約20分で1時間に3~4本。アントワープからは約2時間10分かかり、1時間に1本の割合で電車が出ています。

 

オステンド駅から港へ

駅を降りるとすぐ港があり、たくさんのクルーザーが停泊しています。潮の香りがして、港町に来たなって気持ちになります。

 

聖ピーターとポール教会 St.Petrus en Pauiuskerk

1901年から1906年にかけて建てられたネオ・ゴシック様式の教会です。とても大きくて町のどこからでも見えるこの教会は、オステンドの駅から歩いて数分の場所にあります。

 

不思議なオブジェ発見

海岸沿いの道にはたくさんのレストラン、高級なホテル、カジノなどが立ち並んでいますが・・・ひときわ目を引くのがこちら!こんな変わったオブジェがありました。遠目に見ると、何かにビニールシートがかぶせてあるのかなと思ったのですが、近づいてみると鉄のような硬い素材でできていました。かなり大きいですよね!

 違う場所から見るとこのようになっていました。滑り台みたいですよね。子どもが楽しそうに遊んでいました。

 

砂の彫刻の祭典“Frozen Summer Fun”

海岸沿いを歩いていると、SANDという文字が!!何かな?と思って近づいてみると、砂の彫刻の祭典“Frozen Summer Fun”というものをやっていました。

砂の彫刻の祭典 Le Festival de Sculpture de Sable 2016(Sand Sculpture Festival 2016)
帰国後調べてみたところ、なんと、12の国から集まった40人のアーティストによる作品が150も展示されているようです。今年はディズニーのキャラクターなどの砂の彫刻が展示されたとか。

時間がなくて入場はできませんでしたが、建物の隙間からのぞいて撮影してみました。素晴らしい砂の彫刻が並んでいます。一つの彫刻に6,000トンもの砂が使われているそうです。せっかくなので観賞しておけばよかった、と少し後悔しました・・・。

こちらのイベントは、オステンドで夏の期間のみ開催(2016年は、6月18日~9月4日)されていました。気になる方はぜひ来年お出かけしてみてくださいね!

 

オステンドのビーチ

私が行った時は少し曇り空でしたが、たくさんの海水浴客がベルギーの夏を楽しんでいました。

次回はオステンドの新鮮なシーフードとお料理をご紹介します。

 


執筆 ふう

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介