フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

お土産にも!ボン・マルシェのオリジナル・バターを食べ比べ

2016.06.28.

前回に続き、パリのデパート、ボン・マルシェの記事をお届けします。今回の目的は、グラン・エピスリーのオリジナルブランドのバターを買うこと! 惣菜やらお菓子やらの誘惑をすり抜け、バターが売っている棚に到着しました。

 

オリジナルブランドのバター

こちらがグラン・エピスリーのオリジナルブランドのバター。

写真が少し暗くて申し訳ないです。種類もさまざまですが、私は有塩バターを買いました。

スーパーでは売っていないバターもずらり

ちなみにこちらのグラン・エピスリーには、モノプリなどのスーパーでは売っていないバターもあります。有名なボルディエ、パスカルベイユヴェール、エシレのバターもずらりと並んでいました。

フランスではバターが安い

日本では高くて買う気にならないバターですが、こちらでは安く買えるので冷蔵庫には必ず入れています。エシレの無塩バターは100gで1.95ユーロでした。美味しいバターをこの値段で買えるのはフランスに来てよかったと思う瞬間です。大げさですが、本当です!

ほかのバターも購入

今回はせっかくボン・マルシェまで来たので、グラン・エピスリー以外のバターも購入してみました。

左上:ボルディエ 海草入り 125g 3,70 €(BORDIER:Beurre de Baratte aux Algues)
右真ん中:グラン・エピスリー 有塩バター 125g 2,05 €(La Grande Epicerie de Paris:Le Beurre cru Croquant)
左下:ベイユヴェール 有塩バター 125g 値段忘れましたが、大体3€前後でした。(Beillevaire:Demi-sel)
※2016年6月の価格です。価格は店や時期によって変動します。

開けてみるとこんな感じです。

上からボルディエ、ベイユヴェール、グラン・エピスリー。一番下はグラン・エピスリーのロゴが刻印されていてかわいいですよね。

味のほうは?

味の感想としては、ベイユヴェールの有塩バターが一番好きでした。ボルディエの海草入りは、インターネットでお勧めしている方がいたり、なにかと有名だったので試しに買ってみたのですが、私にはしょっぱすぎました。なにかいい食べ方があるのか、研究したいところです。

グラン・エピスリーの有塩バターは、なんと塩の粒がしっかりとバターに入っていて目に見えます! 濃厚な味が好きな私はベイユヴェールのほうが好みでしたが、バター自体の味があっさりしているので、人によってはグラン・エプスリーの方が好きな場合もありそうです。

しばらくはバターの食べ比べを楽しみたいと思います。少しトーストしたバゲットに、厚めに切ったバターをのせて…シンプルだけど贅沢な朝食です~。

お土産にも!

日本へのお土産として買うかたも多いようです。ビニールに包み保冷袋に入れれば、持って帰ることができますね。他にもバニラ、スモークソルト、柚子など種類豊富にありますので、珍しい味を買ってもみてもいいですよね。

 

ボン・マルシェの場所は?

今回ご紹介したボン・マルシェのグラン・エピスリーは、メトロ10番線、12番線のSèvres Babylone駅から出て目の前にあります。

出口も案内がでているので分かり易いですね。

この夏のキャラはアヒル

毎回シーズンによって変わる無料のパンフレット。

ゆるキャラっぽいかわいいアヒルがこの夏のメインキャラクターのようです。

無料のパンフも見逃せない

中もおしゃれのヒントがたくさん。私はまたソルドが始まったら行こうと計画中です。

 

Le Bon Marché / La Grande Epicerie de Paris

24, rue de Sèvres 75007 Paris
月~水:10h~20h
木~土:10h~21h
日曜休み

 
Emiプロフィール写真
執筆 Emi
 
 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

フランスの美容室に行く

カルチャーショック!? フランスの美容院

Lioの「フランスを楽しもう!」 2017.07.07.
P7032062

日没後の食事は楽しそう!パリでの「ラマダン」

Saoriの「エキゾチックパリ」 2016.07.20.
students with teacher  in computer lab classrom

国際バカロレアって?2 ≪教育の特徴編≫

ゆきの「フランス案内」 2017.03.14.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 連載コラム