フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

Daisukeのフランスこんな小話(17)
パリのバス停でスマホが充電できる!

2016.05.24.

Closeup portrait of a female hands making photo with smartphone

今ではスマートフォンは連絡手段としてだけではなく、カメラや地図、チケット予約など、ありとあらゆる面で大活躍しています。ですがバッテリーの減りが早いのが困りもの。外出先で切れてしまったら、けっこう不便ですよね。

肝心な時にバッテリー切れで写真撮影ができない! そんなこともよくあるのではないでしょうか? パリでは、そんな時のためのとっても嬉しいサービスが広がりつつあります。

 

バス停リニューアルの理由は?

少し前の話になりますが、パリ市・パリ近郊の2000ものバス停が一斉にリニューアルされました。今までのバス停でも充分に事足りていたので、友人と「また税金の無駄遣いしてるのかね」なんて話していました。

しかし新しくなったバス停をみてびっくり! まずはこちらの写真をご覧ください。

PICT_20160324_194516[1]

新しいバス停で撮った写真です。右端に写っているのは、アメリカからやってきた旅行者の女性。この方がしているのは、そう、スマホの充電です。

(写真を撮らせてもらう際、ステキな笑顔でモデルのようにいろんなポーズをとってくださいましたが、残念ながらカメラの不具合で、残っていたのはこれだけでした…)

実はこの新しいバス停にはUSBポートが備わっていて、USBケーブルさえ持っていれば誰でも充電をすることができるのです。

 

充電だけじゃない! ハイテクバス停

このハイテクバス停、USBポートだけではないんです。他にも

・無料のWifi
・停車要求ボタン フランスではバスに停車してもらいたい場合は、バス停で手を挙げるのが一般的です。
・NFCやQRコード、SMSによるインフォメーション NFCは、軽く接触するだけでデータのやり取りや機器の同期ができるシステムです。
・大型タッチパネル 目的地への最も便利な方法を教えてくれます。音声読み上げ機能や観光案内、公共施設案内などもついています。

また、市内を循環するバスなのか、空港行のバスなのかが、バス停を見ると一目でわかるようになっています。

なんと野菜も栽培できる

他にも35%省エネ仕様になっていたり、屋根の上では野菜が育てられるようになっていたり、雨水で洗浄される仕組みになっていたり…。まさに「未来のバス停」です。

こちらのサイトで詳しく紹介されています。

バスを待っている間にスマホの充電ができたり、いろんな情報を調べたり。せっかくインターネット上に情報があっても、現地の回線やWifiがなければアクセスできませんよね。これは旅行者にとっては本当にありがたいサービスです。

PICT_20160408_171931[1]

 

皆さんもぜひバス停で!

今なお世界一観光客が訪れる街、パリ。トイレ不足やイメージと違うという理由などで悪い評価を受けることもありますが、こうやって新しいシステムを積極的に取り入れていくのも、パリの大きな魅力かもしれません。

皆さんもパリ旅行中にスマホのバッテリーがなくなったら、ぜひバス停で充電してみてくださいね!

執筆 Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

university classroom chair

国際バカロレアって?1 ≪紹介編≫

ゆきの「フランス案内」 2017.03.13.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 連載コラム