フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

ソンム湾鉄道 蒸気機関車でサン・バレリー・シュル・ソンムへの旅

2014.06.11.

0527-1-6以前に3回に分けてアミアンをご紹介しましたが、アミアンを訪れた際にはぜひソンム湾鉄道(Chemin de Fer de la Baie de Sommeに乗ってみてください。アミワン駅からソンム湾鉄道に乗り、ノワイエル・シュル・メールまで45分です。蒸気機関車がお好きな方はぜひ旅のプランにどうぞ。

 

アミアンからノワイエル・シュル・メールへ

0527-1-1アミアンからノワイエル・シュル・メールへ行く列車。私は特に列車好きというわけではなかったのですが、フランスの保存鉄道に乗車できたことは、とてもいい思い出になりました。新しくてきれいでした。

0527-1-2ノワイエル・シュル・メールの駅の壁にはこのような運行スケジュールが。

 

蒸気機関車でサン・バレリー・シュル・ソンムへ

0527-1-3本数はあまり多くないので、駅で待っていると、やっと列車がやってきました

0527-1-4かっこいい!

0527-1-5もうひとつの線路には、カラフルな蒸気機関車が!!

 

0527-1-6蒸気がでてますね~♪黒一色もかっこいいですが、カラフルなものも、おもちゃみたいでかわいらしいです。

 

蒸気機関車に搭乗!

0527-1-7私が乗ったのは、カラフルな色合いのほうでした。出発してすぐの風景はこんなかんじ♪

0527-1-8車内の様子。椅子は木でできていて素朴なかんじです。

0527-1-9ゆっくりと走る機関車の車窓には、のどかな風景がひろがります。

0527-1-10もうすぐ目的地のサン・バレリー・シュル・ソンムに到着です。ノワイエル・シュル・メールからの道のりは、約30分

0527-1-11サン・バレリー・シュル・ソンム駅周辺です。ノワイエル・シュル・メールへ戻るための列車が来るまでの間、駅周辺をお散歩することに。

 

サン・バレリー・シュル・ソンム駅周辺を巡る

0527-1-12お舟がいっぱい停泊しています!

0527-1-13きれいな景色の中を散策していたら、あっという間に時間が過ぎ・・・帰りの列車にのりこみました。

0527-1-14おじさんが見送ってくれました。

 

蒸気機関車 帰りの風景

0527-1-15帰り道もまたのどかな風景が広がります。ヒツジがいますね。

0527-1-16湿地帯を走り抜け、もうすぐノワイエル・シュル・メールへ到着です。

0527-1-17無事到着!! 蒸気機関車は人気があるので、たくさんの人が乗っていました。

0527-1-18お疲れ様!ということで、点検を受けています。

0527-1-19蒸気機関車の乗車を楽しんだ後は、この電車に乗って再びアミアンに戻ります

 

まとめ

機関車は、Cayeux-sur-Mer~Saint-Valery-sur-Somme~Noyelles-sur-Mer~Le Crotoy間で走っています。一区間の片道だけでも乗ることができますし、自分の行きたい区間の往復で乗ることもできます。

ソンム湾鉄道は、一度は廃線になってしまったものの、有志が資金を出し合い復活させた保存鉄道です。ハイスピードのTGVでの移動もいいですが、大勢の観光客を乗せてソンム湾内の湿地帯に敷かれた線路をのんびり走る機関車に乗るのもなかなか素敵です。アミアンに行かれた際は、ぜひ乗ってみてください☆

運行期間やスケジュールをこちらのサイトで確認してからお出かけくださいね。
http://www.cfbs.eu/fr/

 

9

執筆 ふう

 

 

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

P9200177

Mon initiation au shugendô (2)

フランス人の考え方 2015.05.09.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介