フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

ヨーロッパの年末年始(1)

2016.12.25.

Noëlのミサの大聖堂

今回はヨーロッパ各国の年末年始!についてお話したいと思います!クリスマスといえば恋人、年末年始といえば家族で除夜の鐘を聞く、という過ごし方が日本では主流ですよね?

さて、キリスト教の文化圏では Noël に大家族で集まってプレゼントを交換、年末年始は友人と盛り上がる、という形が主流なんです。

 

ヨーロッパのクリスマスの過ごし方

 クリスマスツリー

カトリックの国々の中でも、クリスマスの過ごし方はいろいろ!

ポーランドのクリスマス

例えば比較的信仰心の厚いポーランドの Lejazk (ラジャイスク)という町では、la veille (イブ) からNoël 当日にかけ、氷点下になることの多い大聖堂の中でミサに出席し、神父さんの教えを受けながらお祈りを捧げます。マイナス20度になる年もあるポーランドでは、マイナス10度台の中で Noël のミサが行われることも少なくないのだとか。そんな寒い中でも、Noël のミサの大聖堂には人がぎっしり!椅子が足りずに立ったまま出席する人々もいました。

年末年始時期にポーランドの家庭で作られるお菓子が、真っ黒なポピーシードがたっぷり入ったロールケーキの makowiec (マコヴィエツ)!健康にもよく、とっても美味しいんです。
ポーランドのお菓子 makowiec (マコヴィエツ)

ポーランドのお菓子 makowiec (マコヴィエツ)

 

また、寒さの厳しい冬には凍ってしまう湖も、とっても幻想的でした。

凍ってしまう湖

スペインでは

ところ変わってスペインのバレンシア地方では、寒い Noël でも熱く!!家族と過ごしながらもフラメンコを踊り賑やかに過ごします。踊りに参加しない人もしっかりパルマス(手拍子)で応戦?します。ここで Noël を過ごすと、3ヶ月ほどは現地の音楽が頭から離れません 笑。どんなに寒い冬でも、体の奥底から熱情が湧いてきます!Venga venga !!

スコットランドの大晦日

さて、時期が変わって Réveillon du nouvel an (大晦日、Saint Sylvestreとも言います。)はどうでしょうか?
スコットランドの Edimbourg (エジンバラ)では、毎年8万人が詰めかけ、21時から始まる大通りでのストリートパーティで盛大な花火が打ちあがります。歌い、踊り、カウントダウンをし、新年を迎える際にはもちろん!そう!日本で閉店時間に流れるあの名曲、Auld lang syne をみんなで、知ってる人、知らない人関係なく肩を抱き合い熱唱します。確かにヨーロッパではお正月にあたる3ヶ日がない分、新年があっさりと過ぎる感覚がありますが、こうして新年を迎える瞬間、新しい年への敷居を大勢でまたぐ感覚は、なかなか胸に詰まるものがあります。

 

あとがき

さあ最後にお待ちかね!フランスの大晦日はどうでしょうか??記事が長くなりましたので、次回に続きます。

執筆 Yuko

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

みんなでワインを一杯

「一杯どう?」フランス語で自然な言い方は

フランスならではの表現 2017.04.16.
rain-756647_960_720

Tiens, v’là la pluie !

Claireの「フランス日記」 2016.05.16.
tour de taille

Les régimes

Claireの「フランス日記」 2015.09.07.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介