フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

フランスでの電気の契約(3)EDFだけじゃない!各電力会社の違いは何?

2016.10.07.

3-2

 

はじめに

前回、フランスでの電気使用開始までの流れと必要な情報についてご紹介しました。電気の使用開始時に必要な手数料のことや、電気が止まったら再開通までに5日を要することをお話しました。今回はフランスにはどんな電力会社(Fournisseur électricité)があるのか、電力自由化の話と共にご紹介します。

 

色々選べるフランスの電力会社

日本でも2016年の4月から電力の小売りが自由化されたことは、大々的にマスコミにとりあげられたのでご存知の方も多いでしょう。どこの電力会社からでも、自由に選んで電気の契約が可能になったのです。一方フランスは、2007年から電気・ガスの小売りが同時に自由化されました。(日本では電気に遅れること1年後の2017年4月にガスも自由化されます。)それ以降、多くの電力会社が登場しました。

電力会社一覧

以下がフランスで選べる電力会社の一覧です。

  • EDF(ウーディーエフ):元国営でかつてのフランスの一手独占電力会社
  • Engie(エンジー) :かつてのフランスの一手独占ガス会社。電気も販売。
  • Direct Energie(ダィレクトエナジー):新電力の中では大手
  • Lampiris(ランピリス):ベルギー発のエネルギー会社
  • Enercoop(エネコープ): 100%再生可能エネルギの新規参入企業。グリーンピースとのつながりがある。
  • Planète Oui(プラネットウィ):100%再生可能エネルギー
  • ekWateur:2016年9月にサービスを開始したばかりの新しいエコな電力会社

 

電力会社との契約方法は?

フランスで電気の契約を行う場合は、上記の中から好きな会社を選び契約を結びます。(契約の際に必要な情報は前回の記事を参照してください。)どの電力会社を選んでも、必要な情報は同じです。さらに、どこの電力会社で電気の契約をしても品質に変わりはありません。これは日本も同じです。停電しやすいとか明るさが足りない!などということはないのでご安心ください。

あなたが電気の契約を行う電気小売り会社(Fournisseur)は自社で発電所を持っていることもありますが、基本的には発電会社から電気を買って販売しています。電気はどこで発電されようとも、同じ電線を通って各家庭に届けられます。よって、電気の品質には変わりがないことがお分かりいただけるでしょう。

電線や電気メーターの管理は、前回の記事にもあるENEDIS(フランス配電事業者):http://selectra.jp/fr/enedis-tel-numberという別会社が行っています。どこの電気小売り会社(Fournisseur)と契約をしても電線の質なども関係ありません。

 

各電気小売り会社(Fournisseur)の違いとは?

3-1
電気のプロバイダーである各電気小売り会社(Fournisseur)の大きな違いは、発電内容の違い、料金の違い、カスタマーサービスのみです。ちなみに、仮に電気メーターが壊れたり停電した場合の連絡先は、どこと契約していてもENEDIS(フランス配電事業者)になります。

 

電気といえばEDF(ウーディーエフ)?

上記の「フランスで自由に選べる電力会社一覧」を見て、こんなにあるの?と驚いた人も多いかもしれません。実はこんなに多数の電力会社があり自由に選べることを、フランス人でも知らない人がたくさんいます。

新電力のうちでも最大手のdirect Energie(ダィレクトエナジー)などはテレビでコマーシャルで宣伝していますが、やはり電気と言えばEDFがフランスのシェアNo.1です。それは、フランスでは自由化以前の電力会社がEDF一社しかなかったからです。

つまり市場のシェア100%です。日本でしたら、東京電力、関西電力、中部電力・・・と各地域の市場を独占している電力会社が10社存在していました。しかし、フランスには電力会社唯一、EDF一社しかなかったのです。今でもその影響力は絶対で、電力会社=EDFのみというイメージがあるのかもしれません。

 

今、EDFで契約しているけど変えることはできるの?

今EDFで契約をしているけど、契約を変更するのは可能なの?と疑問に思った方もいるかもしれません。すでにご紹介した通り、再生可能エネルギー100%の電気を提供している電力会社もあります。また、EDFより安い電力会社がたくさんあります。その中から好きな会社の好きな電気料金プランを選び、電話で申し込めば契約完了です。申込時は、前回ご説明したように必要な情報を事前に準備しておくとスムーズです。もちろん無理やり電力会社を変える必要はまったくありません。

次回は電気プランの見直しに興味を持たれた方のために、電力会社の選び方やフランスの電力事情について詳しく説明します。

 

情報提供:電気・ガス料金比較:セレクトラ・ジャパン(http://selectra.jp/

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

nahoko

新連載・Nahokoの「フランス語 petit à petit!」

Nahokoの「フランス語 petit à petit!」 2016.10.18.
ブドウ畑

新連載・SAWAの「C’est parti ! フランス語の世界へ」

SAWAの「C’est parti ! フランス語の世界へ」 2016.10.13.
en62-1

モデル生活と拒食症を赤裸々に綴った本

ゆきの「フランス案内」 2016.02.21.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介