フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

知っていますか? フランス語と日本語の「知る」という言葉の違い

2017.11.07.

「知る」という言葉の違い

フランス語の否定形は「ne」と「pas」で動詞をはさんで作りますが、日常の会話ではこの「ne」が省かれる場合がほとんどです。たとえば「時間がない!」は「J’ai pas le temps !」。「理解できない」は「Je comprends pas.」。

中学生の息子がしょっちゅう口にするのは「シェパ」。ご存知の方も多いかもしれませんが、「シェパ」とは「Je ne sais pas.」のこと。「ne」を省いた「Je sais pas.」という言い方が一般的ですが、これをもっと口語的に発音すると「J’sais pas.」のようになり、「シェパ」という音になります。

短くなって言いやすくなるからか、日常でよく耳にする言葉です。ただ極めてカジュアルな表現となりますので、使う場面には注意が必要。始めて会う人や目上の人には使わないほうがいいでしょう。ちなみに中学校で先生に「シェパ」と言うと、罰として居残りや補習を受けさせられることもあるそうです。

今回は「知る」という言葉についてお話ししていきましょう。

 

「知らない」と「分からない」

「ねぇ、今日夕飯なに食べたい?」と娘に聞いてみたところ、答えは日本語で「知らない」。「そういえば、前ここにおしゃれなカフェがあったよねぇ」「知らないよ」。「そろそろ誕生日だけど、何が欲しい?」「う~ん…知らない」。

娘の「知らない」という日本語に、何度不愉快な気分になったことでしょう。いろいろ聞いているのに、まるで関心がないように冷たく返されるなんて。ところが、ある日ふと思い当たったのです。彼女が言う「知らない」は「Je ne sais pas.」なのではないかと…。

「知る」という言葉の違い

我が家は両親ともに日本人なので、子供たちも家では日本語だけを話します。初めに日本語を覚え、幼稚園に通うようになってからフランス語を話し始めました。小さい頃は、日本語の語彙数が圧倒的にフランス語を上回っていましたが、そのうち逆転。今ではフランス語では分かるけれど、日本語でなんと言っていいのか分からない言葉が増えつつあります。

そんな中での「知らない」という発言でした。「なにが食べたい?」「分からない」、「カフェがあったよね」「覚えてないよ」といった答え方であれば、それほど気に障らなかったかもしれません。でもフランス語ではどれも「Je ne sais pas.」で代用できるのです。

フランス語は難しい…と感じることは多々あります。でも「知らない」「分からない」に関しては、「Je ne sais pas.」でも済むフランス語のほうが楽なようです。

 

「savoir」 と 「connaître」

日本人が「知らない」と「分からない」を無意識に使いわけられるように、フランス人は「知っている」を意味する「savoir」と「connaître」の違いに困ることはないのでしょう。この二つの単語は使い方やニュアンスが異なるため、私たちフランス語学習者を悩ませます。

savoir

savoir」は勉強したり暗記したり、習ったことがあってその物事を深く知っていると言いたいときに使います。人が後ろに続くことはなく、「que + 節」や不定詞が続くことがあります。

Je ne le savais pas. (それは知らなかったよ)
Ils savent parler japonais. (彼らは日本語を話せる)
Je sais que tu aimes la France. (あなたがフランスを好きなことは知っている)

「知る」という言葉の違い

connaître

connaître」は、会ったことがある人や、聞いたことがあること、また体験したことがあることなどを表すときに使います。後ろに人を続けることができますが、「que + 節」や不定詞をとることはできません。

Tu connais ce chanteur ? (この歌手を知ってる?)
Je connais les règles de la pétanque. (私はペタンクのルールを知っている)
Elle connait Dijon. (彼女はディジョンを知っている)

savoir 」と 「connaître」は理解しているつもりでも、そのニュアンスの違いが分かりづらい言葉です。文章を読んだり、映画やニュースなどを聞いたりして、どういう状況でどのような言葉と一緒に使われているのか確認し、身につけていきましょう。

とはいいつつも、未だに「savoir 」と 「connaître」の違いに迷うことがあるのも実情です。その一方、「知らない」と「分からない」という日本語のニュアンスの違いを理解した娘は、今ではすっかり間違えなくなりました。若さはやはり素晴らしい。

sawa
執筆 SAWA

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

marrons

Les marrons à la mode

Claireの「フランス日記」 2015.10.19.
bbc

Les barbecues

Claireの「フランス日記」 2015.08.18.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介