フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

汚染された卵を輸入、すでに流通の可能性も フランス企業5社

2017.08.09.

8日(火)夜、フランス農務省は、フランスの企業5社が殺虫剤成分であるフィプロニルに汚染された卵をオランダとベルギーから輸入していた、と発表しました。

eggs※イメージ(写真の卵は記事内容とは関係ありません)

農務省によると、それらの企業は、フランス中西部のヴィエンヌ(la Vienne)、メーヌ・エ・ロワール( le Maine-et-Loire)、北部のパ=ド=カレー(le Pas-de-Calais)、ノール(le Nord)、北西部ブルターニュ地方のモルビアン(le Morbihan)、のそれぞれ5つの地域にまたがり、業者は汚染された卵を既に使用、出荷したことを認めています。現在、農務省は毒性の計測、および汚染された卵の出荷先の特定を急いでいます。

メーヌ・エ・ロワールの業者はオランダの企業から3万個の卵を輸入していますが、既にその卵が使用された製品を特定していると述べています。また、ヴィエンヌの業者はオランダから5トンの卵を輸入していて、月曜日の段階で予防措置として、同国から輸入されたおよそ50tの卵を既に回収しています。

フィプロニルは、ゴキブリやノミ、アリ、シロアリなどの駆除に使用される殺虫剤の成分で、人が口から0.14mg摂取した場合、軽度の意識障害が報告されています。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

3

パリ国際博覧会 2025年誘致を正式に立候補表明

フランス最新ニュース 2016.11.23.
DSC01056

あまり傘を差さないフランス人

フランス人の考え方 2016.10.25.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介