フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

候補者全員によるテレビ討論会、最も説得力があったのはだれか フランス大統領選挙2017速報

2017.04.05.

4日(火)夜、BFMTVの番組で、2017年の大統領選挙に出馬する候補者11人全員による討論会が行われました。番組後におこなわれた世論調査では、左翼党のジャン-リュック・メランション(Jean-Luc Mélenchon)候補がより説得力があった、と最も多くの人が回答しました。

番組内では、それぞれの候補が経済や治安、EU残留の是非などに関して激論をかわしました。極右政党、国民戦線のマリーヌ・ル ペン(Marine Le Pen)候補は、高まる移民排斥の機運や経済の停滞、イギリスのEU離脱などを受けて急速に支持を拡大していますが、番組内で具体的な政策が語られなかったことから、視聴者の支持を伸ばせませんでした。

世論調査による各候補の「どれだけ説得力があったか」の支持率は以下の通りです。(敬称略)

ジャン-リュック・メランション 左翼党 25%
エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron) 前進! 21%
フランソワ・フィヨン(François Fillon) 共和党 15%
マリーヌ・ル ペン 国民戦線 11%
ブノワ・アモン(Benoît Hamon) 社会党 9%
二コラ・デュポン-エニャン(Nicolas Dupont-Aignan) 立ち上がれ!共和国 6%
フィリップ・プトゥ(Philippe Poutou) 反資本主義新党 5%
ナタリー・アルトー(Nathalie Arthaud) 労働者の闘争 3%
フランソワ・アッスリノー(François Asselineau) 共和国人民連合 3%
ジャン・ラサル(Jean Lassalle) 戦え! 1%
ジャック・シュミナドゥ(Jacques Cheminade) 連帯と進歩 0%

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

P7032062

日没後の食事は楽しそう!パリでの「ラマダン」

Saoriの「エキゾチックパリ」 2016.07.20.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介