フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

国際ノーストローデー 今週土曜日に世界各国で

2018.01.31.

今週土曜日(2月3日)、パリを含む世界の主要な都市で、国際ノーストローデー(Journée internationale sans paille)が行われます。

これは、ストローの使用をなくす取り組みをしているフランスの団体「Bas Les Pailles」が企画しているもので、この日一日だけでもストローの使用を世界的にやめようという運動です。

Journée Internationale Sans Pailles(画像をクリックするとBas Les Pailles のHPへ飛びます)

現在フランスでは、ファストフード店だけで一日およそ1,000万本ものプラスチック製ストローが消費されていて、環境への影響が懸念されています。廃棄されたプラスチック製ストローは焼却処分されるか、そのまま埋め立てられます。自然界に放置されたストローは分解されることはなく、また焼却処分で出るCO2も気候変動に大きな影響を与えていると言われています。

Bas Les Paillesのボランティアは、パリのマレ地区などの飲食店でストロー使用を控えるように呼び掛けています。代表のムニア・エル・コトゥニ(Mounia El Kotni)氏は「ストローはフランスの海岸で最も多い10のゴミの一つだ」と述べていて、「本当にストローが必要なのか」と問いかけています。更に、ガラス製やステンレス製の再利用できるストローへの転換も提言しています。

今週土曜日、私たちもストロー使用を控えてみてはいかがでしょうか。
Bas Les Pailles のホームページは→こちら←

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

お問い合わせ

未分類 2013.07.09.
Daisuke Profil

Daisukeのフランスこんな小話(6)僕が「Si tu veux」を嫌いなワケ

Daisukeの「フランスどんなとこ?」 2017.03.26.
new_France

新連載・MARUの「パリジェンヌの食と恋」

MARUの「パリジェンヌの食と恋」 2017.04.06.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 連載コラム