フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

ピクニックに!「お花畑のケーク・サレ(塩ケーキ)」のレシピ

2016.04.06.

パリもだいぶ春らしくなりました!日本ではお花見シーズンの真っ最中。お花見やピクニック、いつも何を持って行こう?って悩みませんか?そこで、今年はケーク・サレ(cake salé)

 

ケーク・サレって?

ケーク・サレはフランスの甘くない塩味ケーキのことで、フランス人にとってワインのおつまみや軽食、また具材によってはランチやおやつとしても大人気。

お花畑をイメージ

パウンドケーキ型で焼くのが通常ですが、今日は可愛くマフィン型。「Mayu’s Kitchen in Paris」でも春になるとよく作ってます!かわいい〜と大評判。春らしくお花畑をイメージしてみました。

 

【材料】(バウンド型小 (中型マフィン12個分))

・小麦粉150g / ベーキングパウダー小さじ1 / 塩少々
・卵2個
・マヨネーズ大さじ1 (入れるとふわふわ感がでます)
・牛乳または豆乳50cc/ オリーブオイル大さじ1 / 野菜スープ(またはコンソメ)70cc / 塩, 胡椒 適量
・お好きな野菜 目安250g以内
(玉ねぎ1/2、ベーコン100g、+お好み季節の野菜…赤緑パプリカ・ピーマン・人参・ブロッコリー・プチトマト・チーズなど)

 

【手順】

1.マフィン型、またはパウンドケーキの方にベーキングシート(紙)を敷く。

2.みじん切りの玉ねぎ、ベーコンはさっと炒めておく。
その他の好みの野菜も小さく刻み、炒める(または蒸して)火を通しておく。

3.小麦粉、ベーキングパウダー、塩を一緒にしてかき混ぜておく。

4.ボールに卵を割りいれ、マヨネーズを大さじ1入れる。卵がふんわりするまでよくかき混ぜる。牛乳(豆乳)、オリーブオイル、スープストックを順に加える。

5.小麦粉類を加えてボールの底からすくうようにゴムベラでよく混ぜる。
炒めた野菜+ベーコンをいれ、さっとかき混ぜる。具材に生地がまんべんなくからむ程度。

6.パウンド型またはマフィン型に生地を流しいれ、チーズや飾り野菜などを色よく飾る。

7.180℃に温めたオーブンにいれ約20分(中サイズは45分)。

8.完全に冷めてから型からはずすと、キレイに紙がはがれる。

出来立てなら最高!でも冷めても美味しく、冷凍も可能。

 

ケーク・サレが赤色なのは…

このケークサレ、赤色なのはトマト入りの小麦粉を使ったから。フランスには、こんな面白い小麦粉売ってるんですよ(笑)。

⇒春を呼ぶかわいいデザート「イチゴとホワイトチョコムース」のレシピ

 

Mayu  Photo 1
執筆 Mayu

Mayu’sの美味しいフランス:
パリでフランス料理教室「Mayu’s Kitchen in Paris」を主催する料理研究家、野菜ソムリエ、フードアナリスト、出張料理人。料理教室では旬のBIO野菜を使ったオシャレでライトなフレンチ、ヘルシー和モダンを中心に教える。京都月桂冠フランス特派員。日本やフランスのメディアでも活躍中。
Mayu’s Kitchen in Paris: http://mayu-kitchen.com/
Facebook: https://www.facebook.com/MayusKitcheninPais

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 連載コラム