フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

ワードローブに加えたい!パリジェンヌの「使える」シャツとは?

2017.05.20.

白いシャツを着た女性

前回は揺れる裾が女性らしいロングカーディガンのお話でした。
今回は着まわし力が高く、持っていると重宝する「シャツ」について語ります。

 

シャツの魅力は着まわし力にあり

1枚で着てもきちんと見えて、さわやかな印象を添えてくれるシャツ。春のワードローブに欠かせないという方も多いのではないでしょうか。シャツはフランス語でChemise(シュミーズ)、もしくはChemisier(シュミズィエ)。前者は男性用のシャツのことを指し、後者は女性用のシャツを意味します。しかし女性用でも男性的なフォルムの場合、Chemiseが用いられることも多いですよ。

実はこのシャツもパリジェンヌのマストアイテム。なぜなら非常に着まわし力の高いアイテムだからです。シャツというと最初にイメージするのは白シャツですが、彼女たちはどのようなものを選び、どのように取り入れているのでしょうか。

 

この春パリジェンヌが手に入れているシャツとは?

ストライプのシャツ3枚

この春パリジェンヌがおしゃれに着まわしているのが 淡いブルーのシャツ や 白とブルーのストライプシャツ。日本で流行りのオーバーサイズのものではなく、ベーシックなシルエットのものが人気です。素材はナチュラルなコットンでハリのないものがベスト。それを女性らしく着崩すのがパリ流です。

前ボタンは上から3つほど開けて、襟を外側に倒します。すると胸元ギリギリのラインとなりセクシーに。華奢なネックレスをつけても良いですが、なくても襟の開き具合だけで十分エレガントなのです。

 

ボトムスをオンしてスタイルアップ

シャツとデニムとブーツ

涼し気な色のシャツは、パリジェンヌの大定番であるスキニーデニムはもちろん、細身のストレートデニムにもマッチします。シャツはデニムにインするのがトレンドで、おしゃれに敏感な彼女たちもそのようにして着こなしています。しかしそれが定着してしまった今、アウトにしてスキニーデニムを合わせたパリジェンヌを見かけると、とても新鮮に映ります。トレンドといえども、腰回りやヒップラインのシルエットが気になる方は、アウトにした方がバランス良く決まることも。

またメンズライクなパンツと合わせるのも旬。シャツで「上品」に、ボトムスで「クール」に引き締めると、ハンサムなマスキュランルックが完成します。もちろんシャツはボトムスにインにして、すっきり着こなすのがコツ。さらにベルトを加えるとポイントになりますよ。

 

旅にも最適!パリジェンヌが好きなシャツ

水玉のシャツを着た女の子

パリジェンヌはプリントシャツも好きです。ストライプやドット柄で、素材はレーヨンやポリエステルなどやわらかくて軽いもの。これらは、パリのプチプラブランドでも良く見かけるアイテムですよ。プリントシャツはシンプルなボトムスに合わせるだけでおしゃれに見えるのが魅力。さらにレーヨンやポリエステルといった素材は滑りが良く、裏地のないジャケットやカーディガンを重ねてももたつかないのが嬉しい点です。

また旅に大活躍するのがポリエステル素材のブラウス。シワになりにくいので旅行にも最適なのです。旅先でパリジェンヌルックを楽しみたいときは、ぜひボストンバッグやスーツケースに忍ばせてくださいね。

しかし同じ素材のシャツでもシワになりやすいものとなりにくいものがあります。気になる場合は、購入時にチェックしておきましょう。シャツの裾を軽く手で握って離すとシワがどれくらいつくか…。生地の性質を簡単に知ることができますよ。

 

着まわし力抜群のシャツ

シャツは着まわし力抜群のアイテムです。ジャケットのインナーにすればプライベートはもちろん、オフィススタイルにも最適。ニットやカーディガンと重ねる場合は、その首開きがクルーかVネックかで表情も異なりますよ。またタンクトップやTシャツ、ノースリーブワンピースの上にサラッと羽織ることも可能です。さらに、腰に巻けばコーデのアクセントにもなります。重ねる・羽織る・ポイントに…と、とても重宝するアイテムなのです。

日本では紫外線対策として用いられることのあるシャツ。おしゃれに取り入れながら紫外線を防止できるなら一石二鳥といえますよね。

 

シャツをワードローブに加えよう

自分に似合うシャツを手に入れるには、サイズはもちろん素材選びも重要です。特に肩幅が広い方は、ハリのあるものではなく落ち感のある素材の方が、肩を強調しません。逆に肩幅のない華奢な方はハリのあるものを選んで、ボリュームを出すのがおすすめです。

ぜひワードローブにとっておきの一枚を加えて、パリジェンヌな装いを楽しんでくださいね。次回はオールシーズン使える「カットソー」のお話です。

執筆 KUMICO
photo:kumiko

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

ryuugaku17

フランス観光の際は学校休暇にご注意を

フランス人の考え方 2013.06.05.
アルザス街並

【フランスワイン巡り】アルザスワインの特徴と料理に合うオススメ3選

フランスワインを味わう「Erikoのワインレッスン」 2017.07.21.
alphabet-1

フランス語はじめの一歩 耳と口とで覚えよう

SAWAの「C’est parti ! フランス語の世界へ」 2016.12.01.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介