フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

オステンド観光おすすめのお土産は?人気のアイス屋さんをご紹介!

2017.01.19.

カラフルなキュベルドン前回はオステンドの魚市場と、屋台名物シーフードの盛り合わせやレストランの魚介料理など、新鮮で種類豊富なシーフード料理をご紹介しました。今回は、オステンドの町で見つけたコンフィズリー(Confiserie)とアイスクリームのお店をご紹介します。
前回の記事⇒オステンド観光のお楽しみ!魚市場とおすすめ名物料理をご紹介

 

お土産におすすめのコンフィズリー

オステンドのコンフィズリーこちらはオステンドにあるコンフィズリーのお店 「Moeder Babelutte」です。コンフィズリーとは、キャンディーやヌガー、キャラメルなどの砂糖を主材料としたお菓子の総称で、フランス語でConfiserieと書きます。

オステンドのコンフィズリー種類砂糖菓子の他にもチョコレートやプラリネ(Puraline 焙煎したナッツ類に砂糖を加えてカラメル化したものをすりつぶしてペースト状にしたものを、溶かしたチョコレートに混ぜたもの)やクッキーなどもあります。

通りを歩いていても目を引くようなお菓子の数々は、お値段もお手頃です。様々な形をしたチョコレートや種類豊富なお菓子は、見ているだけでわくわくします。

保存性が良くて崩れにくい!

コンフィズリーの良いところは、砂糖を使っているので保存性が高いこと。そして、見た目もとても可愛らしい色や形をしていて、その形が崩れにくかったり、日持ちがするのでお土産としても最適なお菓子といえます。

 

お鍋にコンフィズリーを詰めてプレゼント

コンフィズリー お鍋手前にあるお鍋、白と黒のムール貝用の小さなお鍋がならべてあります。こちらのお店では、このお鍋も買うことができるんです。プレゼント用に、お鍋の中にチョコレートやキャラメルなどを詰めてもらうことができ、デリケートなチョコレートが壊れてしまうのを防げます。

何と言っても見た目が可愛らしく、ベルギーらしさが伝わるので、自分用やお友達用にお土産としておすすめです!フランスでもよく見かけるコンフィズリーですが、ベルギーならではのお菓子もありますので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

キュベルドンこちらは私が買ったものです。左にある四角いチョコレートの中には、アドヴォカート(advocaat)というリキュールを使ったチョコレートが詰めてあります。アドヴォカートはオランダ産の黄色い濃厚なクリーム状の卵黄を使ったエッグリキュールです。

アルコール度数は15~20%ありますが甘くて口当たりがよく、とてもおいしいです。チョコレートとアルコールが好きな方にはお勧めです!

そして、一目ぼれしてしまったムール貝用の黒いお鍋キャラメル、チョコレート、そしてキュベルドンこのキュベルドンとキャラメルは、ちょっと珍しいお菓子なので個別に説明しますね。

塩キャラメルのバベリュット

塩キャラメルこちらは、ベルギー北部の伝統的な塩キャラメルのバベリュット(Babelutte)です。名前の由来は、オランダ語のbabbelen(しゃべる)から来ているそうです。

甜菜糖(vergeoise)を原料にしたキャラメルで、青色の包み紙のものは固め、水色の包み紙のものは柔らかいタイプのキャラメルです。まろやかな甘さで、なつかしい味がしてとってもおいしいです。

ベルギー伝統菓子のキュベルドン

カラフルなキュベルドンキュベルドン(Cuberdon)とはフラマン語で「鼻」を意味します。円錐形をしていて、人の鼻のように見えるので、この名前が付いたそうです。ゲントの町が発祥の地と言われていて、屋台のキュベルドン屋さんで買うことができますが、フランダース地方やブリュッセルでも売っています。

伝統的なフレーバーはフランボワーズ(ラズベリー)味ですが、その他にもレモンやソーダなど、いろいろな味があります。ひとつの大きさは3cmほどあり、結構なボリュームですが、外側はゼリービーンズのように弾力があり、中はトロットしたゼリー状になっていて、他にはない食感がたまりません。

ベルギーを代表する庶民的なお菓子ですが、日本ではあまり見かけないので、ぜひ買ってみてください!

 

オステンドの町で人気のアイス屋さん

オステンドのアイスクリーム屋さ海岸沿いにいくつかあるアイスクリーム店のうち、行列のできるお店を発見!こちらは、コンフィズリーのお店の道を挟んだ反対側に位置するお店です。

オステンドのアイスクリーム種類たくさんの種類のアイスがありますが、その中からベルギーらしいフレーバーを発見!

3つのアイス上からキュベルドン(Cuberdon)、スペキュロス(Spéculoos)、ヌテラ (Nutella)。私はこの3つを選んでみました。ベルギーの人が大好きなものですね!どれも、本物と同じ味がしておいしかったです。キュベルドン味は他では見かけなかったので、おすすめです。

 

まとめ

コンフィズリーのお店Moeder Babelutteは、オステンドとブルージュにしかないお店です。2つの町のお店でしか買えないお菓子ということでご紹介しました。

ブリュッセルや日本では買えないものですので、自分用やお友達用のお土産に買うと喜ばれるのではないかと思います。オステンドに行った際には、ぜひお店をのぞいてみてくださいね

執筆 ふう
ふうさん写真

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

元カレ

「元カレ/元カノ」 フランス語でどう言う?

愛を語るフランス語 2013.06.05.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介