フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

食べ物だけじゃないフランスのBIOな製品

2017.04.29.

BIO製品専門店看板

アンサンブル講師Ayakoさんも「注目を集めるビオ食品Produits Biologiques」で書いていらっしゃいましたが、昨今のフランスでのBIO製品の拡がりには、驚くものがあります。

「オーガニック」食品がフランスで広く売られだしたのは、90年代ごろでした。当時は、まだBIOと言う言葉自体がマイナーなもので、ごく一部の意識の高い人だけが愛用している雰囲気がありました。値段もかなり高めだったように記憶しています。

 

BIOブーム到来

その後、しばらく留守にしたフランスに2010年代になって戻ってくると、普通のスーパーのBIOコーナーが以前の数倍の広さを占め、BIO専門店も複数生まれているではありませんか。なにより、BIO製品を愛用する人がぐんと増えました。

スーパーのBIO売り場

またBIO製品のイメージ自体も変化したようで、今ではどちらかというと、おしゃれな生活に付きもの、というような捉えた方をする人も多くなったようです。実際、今では食べ物だけでなく、生活にかかわる様々な製品がラインアップされています。

石鹸もBIO

例えば、最近私の目を引いたのが、子供向けのオーガニック石鹸、Enfance Paris(アンファンス・パリ。二児の母であるAgnès Laffourcade(アニエス・ラフルキャド)さんが作りだしたブランドで、フランス初の子供向けナチュラル石鹸です。

©Enfance Paris

*©Enfance Paris

赤ん坊時代からティーンエイジャーまでの子供たちの敏感な肌は、それぞれに必要とされるケアが異なるという観点から、年齢別に作られています。

当然ながら、化学物質やアルコール、パラベン、保存料、パラフィン、着色料はいずれもゼロ。カリテ(シアバター)を原材料に、年齢によって異なるオイルを加えて作ってあります。

0-3歳は、“安らぎのラベンダー”オイル。
3-8歳は、“清めのローズマリー”オイル。
8-12歳は、“蘇りのペパーミント”オイルといった具合。

©Enfance Paris

*©Enfance Paris

子供でも使いやすいようにすべて紐付き石鹸となっていて、フランス人デザイナーEtienne Bardelli(エティエンヌ・バルデリ)のデザインによる素敵な小箱入りです。子供じゃなくても、使ってみたくなる石鹸ですね。インターネットショップでは日本への発送も可能だそうです。

 

あとがき

最近、大気汚染などが問題となっているフランス。それを受けて、人々の「健康」「環境」意識は、ますます高まるでしょうから、フランスのBIO製品ブームも、まだまだ盛り上がると思われます。今後も要チェックですね☆

執筆:ゆき

執筆:ゆき

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

DSC_0291

Dominiqueさんの関西珍道中(10)和食ビュッフェで選んだものは?

Daisukeの「フランスどんなとこ?」 2015.11.19.
PICT_20160302_164832[1]

ポルトガル・ポルト紀行1 フランス語が通じる世界遺産の街

Daisukeの「フランスどんなとこ?」 2016.10.02.
IMAG0269

パリのバリアフリー事情(1)「車椅子での移動」を検証する

Daisukeの「フランスどんなとこ?」 2017.02.04.
rain-756647_960_720

Tiens, v’là la pluie !

Claireの「フランス日記」 2016.05.16.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介