フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

フランスのお香?!アルメニアペーパーの使い方と効能をご紹介

2015.01.08.

バラの香り版アルメニアの紙

今回は日本の線香に似た、フランスのお香についてご紹介します。フランスにも、燃やすことで、同じように匂い消しや香り付けに使われるものがあります。その名は、「papier d’Arménie(アルメニアの紙)」です。

 

フランスのお香 アルメニアの紙とは?

en18-1新年を迎え、初詣で仏閣を訪れ、線香の香りに癒された方も多いのではないでしょうか。日本の線香は、文字通り線のように細いお香で、伽羅や白檀などの香木を使ったものが多く、独特の芳香を漂わせます。

こちらの写真は安息香の木の樹脂の香りを用いたものです。時は19世紀。フランス人化学者オーギュスト・ポンソは、アルメニア人が、家の殺菌のために安息香を燃やすのを目にしました。

これにヒントを得たポンソが、薬剤師アンリ・リヴィエの協力を得て作ったのが「アルメニアの紙」。安息香を90%のアルコールに溶かしたものを吸い取り紙と組み合わせたもので、1885年よりモンルージュで製造されるようになりました。

アルメニアの紙の効能は?

en18-21888-89年の衛生展覧会に出品して成功を収めたほか、多くの国際展覧会で賞を獲得しました。効能として挙げられたのは、空気の浄化ダニ退治揚げ物や煙草、動物の匂い消しなど。

実際には空気を浄化するとは考えにくいものですが、匂い消しとしては有能なようで、今でも好んで使うフランス人が多くいます。その形状は日本のあぶらとり紙に似ていて、12枚の小さな紙を綴じた冊子の形をしています。

一枚の紙は切り取り線で3枚に分かれるようになっていて、それを一枚ずつ使うので、合計36回使うことができます。

 

アルメニアの紙の使い方

en18-3一回分の細長い紙は、アコーデオンのように折り曲げて火をつけ、線香同様、炎は消して、くゆらせるのが正しい燃やし方です。線香に比べると燃え尽きるのは早いですが、後には同じようになんだか懐かしい香りが残ります。

 

アルメニアの紙はどこで買える?

バラの香り版アルメニアの紙この「アルメニアの紙」。今ではバラの香りのものなども出ているようです。面白いことに、売られているのは薬局。スーパーなどでは手に入りません。薬剤師の手によって生まれたものだからかもしれませんね。

 

yuki
執筆:ゆき

 

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 連載コラム