フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

シャンパーニュだけじゃない!スパークリングワインの製法と種類

2017.03.07.

スパークリングワインスパークリングワインと聞いてシャンパーニュを思い浮かべる方は多いでしょう。また、泡があるワインはシャンパーニュだけなのでしょうか?実際は世界中でさまざまな種類のスパークリングワインが造られていますので、その違いをご紹介します!

 

スパークリングワインの違いとは?

スパークリングワインを理解する上で大事なことは、製法の違いを知ることです。ワイン造りは酵母がブドウに含まれる糖分をアルコールと二酸化炭素に変える工程=発酵が大事であると前回の記事で述べました。発酵はスパークリングワインにおいても非常に重要なことです。

それともう1つ、”酵母のご飯が糖分”のイメージもしてみてください。前回の記事、ワインはどうやって造られる?味わいを変化させる4つの理由!でワインの造り方についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

スパークリングワインのさまざまな製法

スパークリングワインを造るにも、まずはベースとなるスティルワイン(いわゆる通常のワイン)を造ります。その後、さまざまな製法の違いで分類されていきます。

トラディショナル方式

製法ベースになるワインに、酵母と糖分からできたリキュールを添加して瓶に詰めます。酵母が糖分と一緒に瓶に閉じ込められると、酵母は糖分を食べて(分解)、再び発酵を始めます。

すると、アルコールと二酸化炭素を生成し、瓶の中で行き場を失った二酸化炭素はワインの中に溶け込みます。これがスパークリングワインの泡となるのです!このように、瓶の中で行われる2回目の発酵を「瓶内二次発酵」といいます。

◆ワインのうまみと甘辛度を決めるのは?

瓶内二次発酵の後に瓶熟成へと続きますが、このときに酵母の死骸(!)である(おり)が発生します。澱も瓶に閉じ込められたままなので、集められ、取り除く作業と続きます。

ただ、澱は邪魔なのではなく、ワインにうまみを持たせる役割も担っているんですよ。しかし泡が溶け込んだ液体とともに澱を出すと、どうしても中身が減ってしまいます。

では、減ってしまった分はどうするのかというとリキュールを添加するのです。実は、リキュールの添加具合で最終的な製品の甘辛度が決まります

◆トラディショナル方式のワインは?

このトラディショナル方式は、別名シャンパーニュ方式とも呼ばれ、最も手間も費用もかかる製法です。仕上がりの泡がきめ細かく、大変素晴らしいスパークリングワインです。シャンパーニュChampagne)を名乗るには欠かせない製法です。

それ以外にも、フランスのクレマンCrémant d’Alsace、Crémant  de Bourgogneなど)、イタリアのフランチャコルタFranciacorta)、スペインのカヴァCava)があります。

まだまだあるスパークリングワインの造り方

ワインの泡トラディショナル方式以外のスパークリングワインをご紹介しましょう。いずれもトラディショナル方式を変化、もしくは簡略化したものとなります。

◆古代方式、田舎方式
一次発酵中のベースワインを糖分がまだ残っている状態で瓶詰めし、再度発酵させる製法です。リキュールは添加せず、もともとのブドウの糖分のみを使用します。ラベルにはメトード アンセストラル(Méthod  Ancestral)やメトード リューラル(Méthod  Rural)と書かれていることが多いです。

◆トランスファー方式
瓶内二次発酵までは瓶で行い、その後大きいタンクに開けて澱を取り除き、再び瓶詰めして製品にします。

◆シャルマー方式
二次発酵を大きいタンクで行い、澱をろ過してから瓶詰めする製法です。

◆炭酸ガス注入方式
読んで字のごとく炭酸ガスをワインに足す方法です。

 

最後に

これらの製法を意識して実際に飲んでみると、一番に感じられる違いはなんと言っても「泡」です。ぜひ比較して飲んでみてくださいね!

執筆 Eriko
wine-at-huahin

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

フランスのエイプリルフール

イベント・風習 2017.04.01.
フランス語の語彙を増やす

単語の類推力を鍛えてフランス語の語彙を増やそう!

Nahokoの「フランス語 petit à petit!」 2017.01.26.
2

小島瑞生の「アルプスの国スイスからボンジュール! 」

グリュッツイでSalut!なスイス便り 2016.08.08.
mari

新連載・Mariの「La vie est belle !」

Mariの「La vie est belle !」 2016.10.27.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介