フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

パリのバリアフリー事情(3)おしゃれな石畳も最大級の地下街も…

2017.02.06.

引き続き、パリのバリアフリー化(les adaptations pour les handicapés)事情をお伝えします。前回はRERに乗るところまででしたが、今回はパリの中心に到着したところからです。では「On y va!!」。

 

パリの中心地シャトレ・レアル駅

無事にシャトレ・レアル駅に到着しました。にこやかな職員さんが2名で迎えてくれて、乗り込んだ時と同様に渡し板を用意して降車します。物珍しいのか多くの人に注目されます。

改札口へ上がるためのエレベーターの前には多くの人が待っていました。しかし車いす利用者が最優先のため、職員さんが皆さんに階段を利用するように言います。全員がその指示にさっと従い、文句を言う人は誰一人いません

 

世界最大級の駅も障害者用エレベーターは…

この駅はRERが3線、メトロが5線乗り入れる、世界でも最大規模の地下駅。隣接するフォーラム・デ・アル(Forum des halles )はヨーロッパ最大の地下街です。このRERのプラットホームは地下5階に位置しているのですが、駅から地上まで直通のエレベータがなく、何度か乗り継がなければいけません。

さて、どの改札を利用すればいいのでしょうか。職員さんに先導されて、うろうろ…うろうろ…完全に迷っています。このシャトレ・レアル駅、これだけ大きな規模を誇る駅にも関わらず、改札口からフォーラム・デ・アルに上がるための障害者用エレベーターはたった一箇所しかありません。

改修中で職員さんも迷う

しかも現在この駅は大幅な改修工事が行われているため、職員さんですらどこになにがあるか把握し切れていないそうです。この後、エレベーターのある改札口にたどり着くまで駅の中を10分ほど彷徨うことに…。

職員さんがトランシーバーで確認をとり、ようやくエレベーターのある改札口にたどり着けました。

Ouf!Francisさん、すでにお疲れの様子です…。

エレベーターを乗り継いで

このエレベーターで地上に…直接行けるわけではなく、まずは地下街「フォーラム デ アル」に向かいます。目と鼻の先のフォーラム デ アルに行くのに、エレベーターの到着を延々と待ちます。

これはちょうど「これ、ちゃんと動いてるの?」と話してる写真です。このエレベーターがもし動いていなければ我々はこの駅から出ることができないので、別の駅に移動してそこから目的地を目指すことになります。お願い!無事に到着して~!!

 

ヨーロッパ最大の地下街もエレベーターは…

無事にフォーラム・デ・アルに出ることのできた僕たち一行ですが、ここから地上に上がるには一体どうすればいいのでしょうか…。エレベーターが見当たりません。ヨーロッパ最大の地下街ですが、エレベーターの数はかなり少ないようです。

ソントゥル・ダンフォルマシオン(centre d’information インフォメーションセンター)で場所を聞きます。案内された場所は、ここからかなり離れて奥まった場所に、隠れるようにありました。これは一人で見つけるのは難しそうです。

改修後に期待

めったにパリに来ることのないFrancisさん、ショッピング意欲が湧いたのでいろんな店に入ります。大体の店では車いすでも移動できるように、商品の陳列には十分なスペースが確保されています。

ただし、エレベーターの場所がかなり限られているので、このフォーラム・デ・アル内を自由に行き来してショッピングするのはかなり大変だと実感しました。今回の大改修で改善されることを祈るばかりです。

 

パリのおしゃれな石畳も車いすだと…

どうにか地上に上がることができた僕たちは一路、最初の目的地「BHV」デパートに向かいます。パリの街はオシャレな石畳が多く、また小さな路地にたくさんのブティックが並び、「♪オーシャンゼリゼ♪」(Aux Champs Elysées Oh!シャンゼリゼではありません)でも口ずさみながら歩きたくなります。しかし車いす利用者にとっては少々勝手が違うようです。

隙間の多い石畳は車いすのプヌ(un pneu タイヤ)をはまらせたり滑らせたり。ガタガタとものすごい振動のため、なかなか前に進むことができません。プヌの大きな手動の車いすだとそれほどでもないのですが、Francisさんの電動車いすのようなプヌの小さいタイプではかなり大変です。

スロープのない道も多い

小さな道では、歩道に上がるためのスロープがきちんと整備されていないところが多いです。幅も広くなったり狭くなったり、車いす利用を前提としたつくりにはなっていません。またところどころにある大きなゴミ箱やポールも行く手を阻みます。

徒歩5分の距離に30分

結局僕たちは車道を行くことに。この道路は車も頻繁にとおるのでかなり危険なうえ、多くの観光客でごった返しています。そのため駅から目的地のデパートに到着するのに30分ほどかかりました。徒歩で5分の距離です。

 

これからモンマルトルへ向かいます

ようやくBHVデパートに到着してショッピングを楽しんだ僕たちですが、さて。ここからモンマルトルまで行くにはいったいどうしたらよいのでしょうか。メトロは使えないので、バスを乗り継いで目的地を目指します。ただ、ここからが本当の冒険の始まりになるとは、僕たちはまだ知らなかった…

…気になる続きは次号をお楽しみに!

執筆 Daisuke
IMAG0215

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

Little cute baby sleeping

” Dormir sur le dos/ventre ” どういう意味?

生活の中のフランス語 2014.04.18.
1

” un petit bout de chou ” ってどういう意味 ?

フランスならではの表現 2013.06.05.
Pupil at lesson

Daisukeのフランス語「会話術」3 ラジオを聞こう!

Daisukeの「フランスどんなとこ?」 2016.02.10.
questcequecest

フランス留学のきっかけ(2) 大学の授業開始

momoの「フランス留学日記」 2015.07.27.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介