フランス旅行情報、楽しく役立つフランス語学習情報を毎日更新中

辞書にも載っていない?!南仏キーワード集

2013.06.04.

辞書

これらを知らずして南仏は語れない!辞書にも載っていない南仏キーワード集を作成いたしました。ぜひお役立てくださいね。

 

南仏キーワード集

*アルファベット順に検索できます。

A 日本語訳と説明
aioli
アイオリ
ニンニク入りマヨネーズソース
ジャガイモ、ポロ葱、ニンジンなどのゆでた温野菜と一緒にいただきます。おしゃべりをしながら手作りする工程に面白さがあります。
1
anchoiadeアンショワ
アンチョビのペースト
こんがり焼いた薄切りバゲットに塗ったり、キュウリ、セロリ、カリフラワー、ニンジンなどの生野菜とゆで卵の盛り合わせに。タプナードとあわせて定番の前菜。
B   
2
beignet de courgettes
ベニエ ドゥ クルジェット
クルジェット(ズッキーニ)のフライ
バジルやミントの葉をまぜて香り高く揚げ、
熱々をいただきます。
bouillabaisseブイヤベース マルセイユ発祥、魚介類のごった煮
猟師が余り物で作ったのが好評だったことから名物に。
現在では観光客目当てのレストランでもメニューに載るようになり、本当に美味しいブイヤベースを見つけるのは至難の業。要前日予約の店なら期待できるかも。
C   
3
cadeカード
ポワシッシュのペースト、オーブン焼き
ニース発祥のファースト・フード「ソッカSocca」がプロヴァンスではこの名前に。ポワシシュpois chiche(ヒヨコマメ)の粉に水、オリーヴオイルなどを加えオーブンで焼き上げたもの。通常はそのまま食べますが、私のお気に入りのお店ではバジル風味のオリーヴオイルをかけます、さらに美味!
calisson
カリソン
カリソン
エクサン・プロヴァンスAix-en-provence名産のアーモンド菓子。ご贈答にどうぞ。
5
cigaleスィガル
セミ
フランスでも南仏にのみ生息するセミは、プロヴァンス生地や陶製の壁飾りなど様々なオブジェのモチーフに。
D   
6
daube
ドーブ
南仏風牛肉の赤ワイン煮込み
体の芯から温まる一品。パスタと一緒にいただきます。
F   
7
farci provencal
ファルスィ プロヴァンサル
南仏風ファルシー
トマト、ズッキーニ、ナスなどの夏野菜を半分に割り、
中をくり抜いたら詰め物をしオーブンで焼き上げたもの。
fougasse
フガス
オリーブ入りパン
素朴な味。前菜に、おやつに、レストランではバゲット代わりに。
fruits de mer
フリュイ ドゥ メール
海の幸
“Plateau de fruit de mer”とあれば「海の幸の盛り合わせ」のことを意味します。
fruits confits
フリュイ コンフィ
フルーツのシロップ漬け。
プロヴァンス名産。激甘!お菓子に乗せて一緒に焼くなどしていただきます。もともとは冬の間の保存食。
H   
herbes de provence
エルブ ドゥ プロヴァンス
プロヴァンス・ハーブ
ローズマリー、バジル、タイム、ミントなどのハーブ・ミックス。ステーキに振り掛けて焼いたり、トマトソースに入れて煮込むだけで南仏風に。
M   
midi
ミディ
南フランスの総称
8
mimosaミモザ
1月の末から3月中旬にかけて咲く、黄色い玉のような。100年前にオーストラリアから持ち込まれたそうです。低温湿地を嫌うので暑く乾燥する気候の南仏では年々増殖しています。種類は様々、大きいもので3mもの大木にります。香りが良いので石鹸や香水に用いられます。
mistral
ミストラル
冬の時期 北西から吹く強風
時に風速100kmにも及ぶこの風のおかげで南仏の澄み切った青空は保たれますが、その一方、ミストラルが吹く日は一歩も外に出たくない気分にさせ、これが1週間も続けば気温は0℃を下回り厳しい冬の到来。気は滅入り、本当か嘘か、プロヴァンス地方ではノイローゼ患者が多発してしまうとか!
9
moules marinières et frites
ムール マリニエール エ フリット
ムール貝の漁夫風とポテト・フライ
白ワインとにんにく、香草であえた熱々の山盛りムール貝のプレートとフライドポテトの組み合わせは浜辺のレストランの定番料理。
O   
oeuf mimosa
ウフ ミモザ
タプナード入りゆで卵
ゆで卵を半分に割り、黄身にタプナードを混ぜているのが南仏風です。勿論オリジナルは白身と黄身を一緒に砕いてグリーンサラダの上からパラパラと散らしたもの。その様子がミモザの花に似ているところから命名されたそうです。
oliveオリーヴ オリーヴ
オリーヴは温暖で日照時間の多い、主に地中海性気候の土地で多く栽培されています。南仏ではバターの代わりにオリーヴオイルが好まれ、食用のみならず石鹸や美容液などあらゆる用途に利用されています。
11
olive au chocolat
オリーヴ・オ・ショコラ
オリーヴ・チョコレート
南仏の象徴オリーヴがアーモンド・チョコレートに。
言われないと絶対オリーヴにしか見えないこの見た目、
遊び心を込めてお土産に是非どうぞ!
P   
pan bagna
パン・バーニャ
トマト、ゆで卵、ツナなどをヴィネグレット・ソース(ドレッシング)などで調味し、バゲットに挟んだサンドイッチ。“pan bagna”とはプロヴァンス語で「ぬれたパン」の意味。野菜などを挟むのでバゲットが濡れて柔らかくなることが由来。
pastis
パスティス
香草アニスの蒸留酒
水で割って白濁させて飲む、夏に涼しいミント系の風味が特徴です。カフェでクダを巻くオジサンたちはほとんどがこれを愛飲しています。有名どころはRicardリカール、51サンコンテアンなど。
12
petanque
ペタンク
ボール投げ
ルールは超簡単!コショネcochonnetと呼ばれる的球に、いかに自分のボールを近づけることができるかで勝敗が決まります。ゲームそのものより、最中の罵りあいに楽しさがあります。
13
poivron marineポワヴロン・マリネ
ピーマン(パプリカ)のマリネ
ピーマン(パプリカ)をオーヴンで焼いて皮を剥き、
オリーヴオイル、調味料、にんにくで和えたソースにからめていただく前菜。
R   
14
rouilleルイユ
スープ ドゥ ポワソン(魚介のスープ)に入れるニンニクとスパイスのきいたマヨネーズソース
S   
15
sachet de lavande
サッシェ・ドゥ・ラヴァンドゥ
ラヴェンダーのポプリ
軽いし小さいし香りは良いしで南仏土産の定番。タンスの中にしのばせれば衣類にほんのりラベンダーの香りが移り、虫除けにも効果的。香りが薄くなれば軽く揉むと良いそうです。2~3年は持つそう。
salade nicoise
サラド ニソワーズ
ニース風サラダ
グリーン・サラダにアンチョビ、ゆで卵、ツナなどトッピングした豪華でボリューム満点のサラダ。
sangria
サングリア
フルーツ・カクテル
スペインの飲み物。南仏ではロゼワインにカットした各種フルーツを加えます。
16
santonサントン
サントン人形・小さな聖人
もともとイタリアでローマ法王が命令して作らせたものが南仏にも定着したそうです。
savon de marseille
サヴォン ドゥ マルセイユ
マルセイユ石鹸
通常、マルセイユ石鹸といえば手のひらに収まらないほど大きな洗濯石鹸を指しますが、洗顔用、全身用と色々あるので購入時には要注意です!
sieste
スィエストゥ
シエスタ/お昼寝
個人商店の昼休みにもこの言葉が使用されます。大体12時半から16時ごろまでが休憩時間(長い!)。
soupe au pistou
スープ オ ピストゥ
ピストゥ・スープ
トマト、ズッキーニ、インゲン、白豆、玉葱など、夏野菜のスープにニンニク、バジルとパルメザンチーズのソース(ピストゥ)を入れていただきます。
17
soupe de poisson
スープ ドゥ ポワソン
魚介のスープ
クルトンにルイユ、エメンタルチーズをのせてスープに浮かべていただく南仏の郷土料理。
T   
tapenade
タプナード
オリーブのペースト
アンショワヤード同様、こんがり焼いた薄切りバゲットに塗ったり、キュウリ、セロリ、カリフラワー、ニンジンなどの生野菜とゆで卵の盛り合わせに。
18
tarte aux pignons
タルト オ ピニョン
松の実のタルト
松の実のできる種類の松は南仏にのみ繁殖することから、この地方の郷土菓子になったそうです。
tarte tropezienne
タルト トロペズィエンヌ
カスタードクリームたっぷりのスポンジケーキ
銀幕の女優ブリジット・バルドーが愛したケーキ、ネーミングも彼女によるものと言われています。St tropezサントロペ発祥なのでこの名前にしたらしいです。激的に甘く、大味・笑。
truffe
トリュフ
トリュフ。
南仏、南西地方の山中でのみ繁殖するキノコの王様。秋から春先にかけ、高額で販売されます。
V   
19
Veau aux Olives
ヴォー・オ・ゾリーヴ
プロヴァンス風 子牛とオリーヴ・マッシュルームの白ワイン煮込み
味付けは簡単、白ワインとプロヴァンス・ハーブ、そしてオリーブの塩味。付け合せは写真のVol-au-ventヴォロヴォンかご飯がポピュラーです。
20
vin d’orange
ヴァン ドランジュ
オレンジ・ワイン
苦い種のオレンジを使用し、ロゼワイン、アルコール、砂糖で漬けた食前酒。家庭で作れる、フランス版梅酒。

 

執筆 Ayako

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、
プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが
1回1500円~受講できます。
いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と
生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。

→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら

メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。

フランス語メールレッスン

コラム

  • ツーリズム
  • 連載コラム
  • 食文化
  • カルチャー
  • 社会ニュース
  • 留学・教育
  • フランス語学習

こんな記事も

Emiプロフィール写真

Emiの「フランス生活記」

Emiの「フランス生活記」 2016.06.15.
en65-1

9月から小学教科書に適用される「新正書法」って?

ゆきの「フランス案内」 2016.03.11.
もっと見る

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセ

ソーシャル

注目のキーワード

France365
  • フランス語学習
  • 留学・教育
  • 試験
  • 社会ニュース
  • ツーリズム
  • カルチャー
  • 食文化
  • 生活
  • 連載コラム
  • ライター紹介